★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【東海S2017】最終追い切り所見1/2 アスカノロマン等

東海S2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/2 byアラシ

アスカノロマン

栗・水・CW重 単・終いを抑える 折り合い重視

6F83.5 5F66.6 4F52.9 3F39.7 1F13.5

2016秋競馬から折り合い面で難しさが出てきており、2016春競馬のようなソツの無さはなくなっている。2016春は好評価していた馬だけどここに来て少しだけだけど、評価出来ない部分が出てきている。

追い切りは終いを抜いてあげて、馬をヒートアップさせない調教に。こういう調教パターンはこの馬では見た事がないし、コーナリングの際にハミを噛んでいた事からも折り合い不安は垣間見える。

チャンピオンズカップで地力は健在な事を示したし、折り合いを普通に運べれば。

インカンテーション

栗・水・CW重 単・馬なり軽め 折り合いカギ

6F86.9 5F69.5 4F54.6 3F40.3 1F13.2

折り合いに難がある馬で去年の2走ともレースではリラックス出来ていなかった。

追い切りは馬が燃えすぎないように軽めに抑えていた。

アテにしづらいタイプ。楽にハナに行けないと難しいんじゃないかな。

カゼノコ

栗・水・坂重 併せ・終い強め  追ってからの気合良く

4F55.3 3F38.9 2F24.7 1F12.2

スタートからの加速があまり良くない馬。その分、直線で勝負が利く中京のダートは割り増しできるものがあるかも。

前々走のみやこSは詰まって脚を余しての大敗で、東京大賞典の走りも決して悪くない。

掲示板は狙えると思うんだよな。お金に余裕があれば抑えるのも手かも。

追い切りは全体55.3秒で抑えて終いで強めの指示を出したもの。追ってから反応に移るまでが早くて、好感は持てたよ。

カラクプア

栗・水・坂重 併せ・一杯 ズブさ目立つ

4F54.6 3F39.2 2F25.4 1F12.9

併せ馬で一杯に追ってこの時計だったけど、馬はバテていたワケではない。脚勢は確りしていたからね。とにかくズブい。

かなりズブい馬でエンジンが掛かるのは非常に遅め。それだけに置かれてしまう、瞬発力勝負に全く活路がないなど、課題は多い。

初重賞のここはひとまず敬遠が無難かも。

グレンツェント

美・水・南W良 単・強め 競馬上手でキメ手も十分

5F68.7 4F53.7 3F39.7 1F13.5

レースを中断で組み立てるタイプで折り合いがかなりつく。

道中でムダなエネルギーを使わない分、4角の勝負所で馬が動けていて上手く直線に出てこられる。脚も良いものを持っているね。

追い切りは正直手応えの割りに遅かったけど、みやこSの追い切りも似たようなモノだったし心配しない。レースに行って変るんでしょう(汗)

この馬には期待したいね。

プラスひとことコメントは人気ブログランキングへをクリック!

ショウナンアポロン

美・水・南D良 単・強め もたないか

5F67.2 4F51.5 3F37.4 1F12.7

レースでの道中や、追い切りの走りはキレイで悪くないんだけど、れーースでは4角で一杯になってしまって、良いと思えるところがないね。

検討は難しいよ。

トウショウフリーク

栗・水・坂重 単・一杯  衰えた

4F52.3 3F37.9 2F25.3 1F13.3

追い切りは終いで失速しているし、そもそも走る気持ちを感じない。

レースでも4角でヤメているし、ここは間違ってもないと思う。

ピオネロ

栗・水・CW重 単・やや一杯  もう少し動ければ

6F82.9 5F67.5 4F52.9 3F39.0 1F12.1

ソツな無い馬で、折り合いは付くけど鋭いキメ手も持っていない、好走タイプの馬と言う印象。

追い切りの時計は良かったけど終いかなり追っていたので、評価は中の上と言った所。

圏内はあるだろうけど、勝ち切るとなるともう一枚上がいそうだね。

人気ブログランキングに参加しています。

AJCCの追い切り注目馬プラスひとことコメント

人気ブログランキングへをクリックして皆様の1票を!

コメント投稿もお気軽にお願いします!(メールアドレスを入力しなくても投稿可能になっています)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ツイッター登録も宜しく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. HY より:

    ここの軸は逆らわずグレンツェントで良さそうですね(^^)