★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【小倉大賞典2017】最終追い切り所見 2/2 フルーキー等

小倉大賞典2017の最終追い切り所見 2/2 By アラシ

パドルウィール

栗・水・CW良 単・強め

6F83.5 5F67.7 4F52.7 3F39.0 1F11.6

前走の金鯱賞2着は、前で競馬をした恩恵をフルに受けられたものなので大幅割引が必要。超スローでほぼ全馬が33秒台というレースだったからね。

ただ、前にいたとは言えかなり頑張っていたと思うし、一定の評価はしてあげるべき。

追い切りの動きも時計、内容ともに良好で面白いと思う。後肢も確りお腹の下まで入っているし、ストライドも大きく開く、綺麗なフォームで走れている。

良いかも知れないね。警戒。

ケイティーブライド

栗坂・良・水 単・強め

4F54.3 3F39.3 2F25.3 1F12.3

前走のチャレンジカップは軽斤量を活かした加速力で3着善戦。ここも軽斤量だし、前回のイメージで乗ってくるとなるとカタにハメやすいかも。

追い切りは脚が急いているワリには時計が遅いのと、前脚の伸びが確りとはしていないね。

クラリティスカイ

小倉・水・ダート良 併せ・強め

6F82.7 5F66.9 4F52.6 3F39.2 1F12.2

追い切りはいつも通りと言う感じ。つまり掛かり気味で、やや脚が遅い、手応えの割りにタイムが伸びない、という内容。

レースでもほぼそれがそのまま出る。先手を取って押し切れる流れを作れるかどうか。ちょっと前が混みそうだし、展開が向くかどうか。

フルーキー

栗・水・CW良 併せ・馬なり

6F87.3 5F69.7 4F53.8 3F39.3 1F12.2

斤量57.5㎏。競馬の上手な馬で、今回中団は割りと空きそうだし、この馬の競馬はしやすいと思う。前走も内で多少ゴチャついたのと馬場が悪い所を通った分もあるし、あまり気にはしていない。

追い切りでは先に動いた僚馬を抜ききれず僅かに遅れたのは何とも言えないところ。あそこでビュンッと抜く加速を見せてくれていればかなり信頼度は向上したんだけど・・・。

3着以内には来ると思う。期待できそう。





スピリッツミノル

栗・水・CW良 併せ・一杯

6F81.4 5F65.1 4F50.6 3F37.5 1F12.3

ちょっと反応が鈍い所が見受けられるのでメイチに追ったここは良いと思う。

1800mはちょっと短い気もするけどね。前走の万葉Sは大外回しで3着だし割りまして良さそう。

ヒストリカル

栗坂・良・水 併せ・強め

4F51.3 3F38.0 2F24.8 1F12.2

最近は追い切りで気分良く走っていて復調をうかがわせる内容が多い。今回のメンバーの中ではダントツでよく見える追い切りだったよ。

馬なり~強めでこれだけの時計を出しているし、馬が自分から走っていてそれでいて掛かる所がない。

レースでは相変わらず内にモタれるけど、一時に比べれば大分マシ。

かなり前に見限った馬だけど、最近の走りを見る限り再評価できるのかも。

期待してみる。

ダコール

栗坂・良・水 単・強め

4F53.4 3F39.1 2F25.3 1F12.7

最近のレースではギアが入らない所が目立つ。追い切りもモッサリしているし、良いと思える所はないね。

ロードヴァンドール

栗坂・良・水 単・馬なり

4F54.9 3F38.9 2F25.2 1F12.6

ちょっとハミを窮屈そうに受けているのが気になるくらい。時計を抑えているので、概ね確り走って見えてしまう事には注意が必要。

基本逃げ馬なだけに最外枠の今回はどうか。

人気ブログランキングに参加しています。

 フェブラリーS追い切り注目馬は?

人気ブログランキングへをクリック!







ツイッター登録も宜しく!

https://twitter.com/ARASHI3DAYU

コメント投稿もお気軽にお願いします!(メールアドレスを入力しなくても投稿可能になっています)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ¿Por qué nunca sabéis dónde mirar? Juan Carlos siempre mira a la cámara, pero es que Guillem es peor porque se nota un puñao que no está mirándote.Aun así el vídeo es muy gracioso. Felicidades