★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【フラワーカップ2017】回顧 ファンディーナ強すぎだろ 元馬術選手のコラム

フラワーカップ2017のレース回顧をしていきます。byアラシ

ファンディーナ 1着

レース前評価:折り合い課題も主役の座は不動

みたままの強さなので、書く事もそんなに無いんだけど、今まで指摘している通り折り合いに不安があるのは今回も出た。道中、我慢は利いていたけど他馬に接近されたらと思うテンションでもあったかな。

追い切りが折り合い重視の調整色が強かっただけに、仕上げには気を遣うタイプとは思う。

レース前から発汗量も他馬より多かったし、重賞の雰囲気に多少緊張したのかもしれないね。

1角の進入がかなり粗くて、ゲートからある程度前に行かせて、多少強引に2頭目につけてロスを軽減するような危うい形に。並の馬なら撃沈するような入り方だったけど、こういうロスもものともしないんだから凄まじいよ。

直線入った所でちょっと追って、最後はハミを抜いて流していたにも関わらず後続を引き離していたくらいなので、文句なしに強い。

時計1分48秒7は中山開催のフラワーカップとしては最速で、この時計を終い流して叩き出しているのは驚愕の一言。追ってムチを使っていれば当然時計はもっと縮まったワケだし、牡馬とやって勝るとも劣らない能力があると感じるのには十分すぎるインパクト。

※ただ、2着の走破タイム1分49秒5もフラワーカップとしては速いので馬場補正が必要な感もアリ

相手が若干小粒だった感はあるけど、内容は強いの一言。

これで桜花賞の対決が本当に楽しみになったよ。



シーズララバイ 2着

レース前評価:どう考えてもここは厳しいと思う。

後方待機も、柴田善騎手がスローペースを読んで700m手前から早めに動いていった判断が当たった。あまり鋭い脚を使えないタイプなだけに、こういうロングスパートが活きる展開・乗り方になれば持ち味を発揮出来るのかも。



ドロウアカード 3着

レース前評価:スタートが速いという武器を持っている。それ程粘る所は見せてくれていないからなんともだけど、掲示板はあるような。

スタートが速い馬で、スンナリとハナを切れて自分の競馬に持ち込んだ。スローで綺麗に逃げていたけど、武騎手が途中途中で歩度を伸ばさせていて、スローで逃げて温存を利かせるよりは、後続とのリードを拡げに行く作戦を選択。

良く分からないけど、他馬に来られるとヤメてしまう馬に多い乗り方だったとは思う。普通にあれだけ綺麗に逃げられれば道中はジッとして、直線で後続を引き付けて追い出す方が確実だからね。

人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへをクリックして、私の順位を上げてください!それが大きなモチベーションになります!







ツイッター登録も宜しく!

https://twitter.com/ARASHI3DAYU

コメント

  1. フォス より:

    今年のディープインパクト産駒は小粒だな、と思っていたら直前でとんでもない馬を送り込んできましたね
    ソウルスターリングファンとしては実に厄介な馬ですよ

    今年の牝馬クラシックは去年の牡馬クラシック以上かもしれませんね

    • アラシ より:

      確かに、2017年の年明け時点ではファンディーナのファの字も出ていませんでしたね(汗)
      牡馬が順調なまでに低水準で推移していますので、ここは牝馬勢に頑張って欲しいですわ。

  2. 即身仏 より:

    こんだけ強いんだったら、牡馬クラシックに路線変更しても全く驚かない。
    牡馬の方は現状スーパーホースが見当たりませんし、個人的には牡馬クラシックに行って欲しいです。

    • アラシ より:

      今年のダービーを盛り上げるにはそれしかない!とすら思うほどの弱メンになりそうですからね。毎日杯のサトノアーサー僅かな望みを託しているのですが・・・。

  3. タケ より:

    ファンディーナ強かったですね。

    あれだけ楽な圧勝は久々に見たので衝撃でした。

    次は桜花賞行くのかな?

    ソウルスターリングとの対決が楽しみになりましたね。

    • アラシ より:

      ツイッターで私が採ったアンケートにだと、ソウルスターリングVSファンディーナでは55%がファンディーナ支持ですね。

      人気が拮抗しそうで、注目が集まるのは必至。これは楽しみ。牡馬がアレな分、牝馬で楽しみたいっす。

  4. カツラダヨー より:

    フラワーカップに出走したということは最初からオークス狙い。
    ただ、余りに楽に勝てたのでここに来て桜花賞にも出走する可能性が出てきた。