★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【日経賞2017】最終追い切り所見 1/2 ゴールドアクター等 元馬術選手のコラム

日経賞2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/2 byアラシ

アクションスター

栗東 坂路 不良 水曜日 併せ・強め

4F51.7 3F37.8 2F25.2 1F12.9

京都記念はこの馬にとって若干ペースが速かったのか直線で完全に脚がアガっていた。折り合いは良い馬だけど、それ以外に特筆する所はないね。

追い切りは全体的にかなり飛ばした分、終いで脚が完全にバラバラに。

良くは見えないよ。

アドマイヤデウス

栗東 坂路 不良 水曜日 単・強め

4F53.6 3F38.6 2F24.6 1F12.1

以前と違って(まだ多少掛かるにせよ)折り合いがかなりつくようになった。有馬記念、ロスをかなり抑えて勝負所で動きに行ったけど通用しなかったのは実力負けと言った所。

追い切りを見る限り、やはりまだ若干掛かりそうではある。終いはキッチリ伸びているしストライドが大きく開いていて重心が下がっているのは好感。

ゴールドアクター

美浦 南W 不良 水曜日  併せ 強め

5F65.1 4F50.6 3F37.0 1F12.7

有馬記念3着も、2番枠と中山2500mで有利な内枠に入っていた上に、武騎手のキタサンブラックの後ろで楽に競馬が出来ていたのは大きく、割引要因。

折り合いは良い時と悪い時があり、ほぼ運任せ。

追い切りは引き続き、他馬を見ると自分から抜きに行ってストライドが伸びる。掛かる雰囲気もなく、前進気勢で馬が自分から走っていてかなり好感が持てる。

これで本番で掛かる所さえなければ、文句は全くつけようが無いんだけどなぁ・・・。



シャケトラ

栗東 CW 重 木曜日  併せ 馬なり

6F85.9 5F68.0 4F53.2 3F38.7 1F11.5

日経新春杯では、ゲート直後に前に馬が入ってきて手綱を引いた所で掛かってしまい、最後に伸びきれなかったところはある。

折り合いに心配がある馬なので、スムーズにいけるかがカギ。

追い切りは相変わらず超がつくほど高水準。折り合いを意識して前に馬を置いてはいたけど、直線に入ってラインを替えると馬なりでスルスルのびて、楽に先着。

ここはモノにして欲しい。再度、期待。

ジュンヴァルカン

栗東 坂路 不良 水曜日 単・強め

4F52.7 3F37.4 2F24.2 1F12.3

脚が速い馬で、最近は折り合いも上々。去年3歳の春に比べて危うさが無くなって来ているのは感じるよ。

昔から内にモタれる所があるので、競り合いの避けられない上級戦になるとキメ手に欠く恐れはある。

追い切りは全くの馬なりで、追わずにこれだけの時計を楽に出しており、かなりの高水準。ただ、新馬の時も追い切りでかなり駈けており、調教駈けするんじゃないの?と疑ってしまうのはある。

ショウナンバッハ

美浦 坂路 やや重 水曜日 単・強め

4F54.3 3F38.6 2F24.5 1F11.8

前走、京都記念では最後方待機から直線勝負をかけるも一頭も抜けずにシンガリ負け。普通に考えてかなり厳しいだろう。

追い切りはいつも通り、馬がひた向きになりすぎてしまうね。

ツクバアズマオー

美浦 南W 不良 水曜日  単 強め

5F67.9 4F52.1 3F37.9 1F12.7

中山記念はスローで流れる中で後方に控えて、4角もキッチリためて直線一気に追うも、かなりの上がり勝負になってしまいほぼ見せ場なしの6着。

展開にそっぽを向かれたレースだったので度外視。折り合いがついて、レースも上手い馬なので中山2500mは面白みがあると思う。

追い切りは普段の北Cダートではなく、南Wで行った。

コーナーから直線に入った所でスイッチが入ってハミを取ったのはかなり好感。単走でこういう風に動いてくれるあたり、頭も良い利口さが伺えるね。

終い約1Fで結構追われてよく伸びていたけど、欲を言えばもうコンマ1~2秒詰めて欲しいとも思った。

レースの上手な馬で、折り合いもつくし2500mは問題なし。

崩れないと思うよ。期待。



ディーマジェスティ

美浦 南W 不良 水曜日  併せ 一杯

6F80.8 5F65.3 4F50.7 3F37.3 1F12.5

類稀なスピードを持つ馬だけど、全身を使いすぎるため距離は持たない方だと思う。JCは13着惨敗も荒れ馬場がダメだった可能性もあり、見限れない。

それと、日本ダービーや共同通信杯で見せている通り、左回りだと若干加速がモタつく所が見られる。右の今回はパフォーマンスが向上するかも。

追い切りはかなり目一杯に追ってのもの。水準そのものは高いんだけど、ここまで追われないとこの時計が出せないの?とは思う。

去年の春は速い時計の追い切りでも、弾むような走りで余裕を残していた雰囲気だったんだけど・・・。

トーセンレーヴ

※追い切り映像はなし

前走のダイヤモンドSでは直線追っても全く伸びずに9着敗北。ここで短縮に活路があるかどうか。

ナスノセイカン

美浦 南W 不良 水曜日  単 馬なり

4F52.2 3F38.2 1F12.4

前走の金鯱賞では内で経済的な競馬をして最後は若干遅れて開いて、馬群から一気に追っても外に交わされて4着。

折り合いなどに心配の無い馬で、レースでも勝負手を作る事が出来るんだけど、今ひとつ脚が速くない。

追い切りは単走の馬なりだけど、ツクバアズマオーと違って、鞍上で指示されないと走らないみたいだね。

人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへをクリックして、私の順位を上げてください!それが大きなモチベーションになります!







ツイッター登録も宜しく!

https://twitter.com/ARASHI3DAYU

コメント投稿もお気軽にお願いします!(メールアドレスを入力しなくても投稿可能になっています)

コメント

  1. ゴルゴ より:

    確かに、ディーマジェスティの追い切りはアラシさんの指摘の通り。明らかに休み明けな動きに見えました。今回はないかなー( ´_ゝ`)

  2. 馬ドリ より:

    アラシさん毎日杯の解説もよろしくお願い致しますm(_ _)m

  3. 匿名 より:

    シャケトラ軸が良さそうですねー^ ^

  4. 匿名 より:

    シャケトラ7.0倍とか、単勝勝負いきます!