★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【ダービー卿チャレンジトロフィー2017】回顧  元馬術選手のコラム

ダービー卿CT2017のレース回顧をしていきます。byアラシ

ブログ応援ボタン!クリック!クリック!

ロジチャリス 1着

レース前評価:能力の高さは感じるけど、中山多頭数はどうか。いい形で回って来られれば十分勝負になると思うんだけど、掛かりやすい馬で中々道中は動かしづらいから・・・。

意外にもスタート直後から積極的に出しに行き、これがそのまま勝利に直結する事に。超がつくほどの好スタートを切ったのも見逃せない。前走は出遅れていたんだけど・・・。

掛かっていた前走を考えると、中々積極的に前に出して行く事は躊躇されるモノだけど、テン乗りが幸いした部分もあるのかな。かなり出して行っても、今日は普通に折り合っていた。他馬がいなければ大丈夫な馬なのかも。

道中で好位で折り合っていた事もあり直線はかなり弾けた。

2着馬共々、中山1600mの内枠が味方した部分があるのは否めないけど、他の上位勢もほぼゴチャつきなく抜け出して来ての接戦を制しての1着だし、当然評価に値する。脚の運びもバラけていなかったし、これくらいの馬場状態なら気にならないのかもね。

折り合い面に前進があるのなら、安田記念でも面白いかも。東京の方が断然合っている馬。



キャンベルジュニア 2着

レース前評価:巨漢馬で、タメて一気に追うキレ脚勝負の競馬が出来ないのがネックだけど、それだけに中山が面白いと思える部分はある。折り合いはまず問題ないし、スタートも良い。

勝ち馬と同じく、中山1600mをの内枠を利して好位を確保。

ちょっと控えたのが結果的にアダになった感じはあるね。手綱持った所で馬が若干行きたがっていて少しだけ折り合いを欠いてしまった。結果論だけど、勝馬との差を考えると馬の気持ちを優先して更に前にいればもっとやれたかも知れないね。

パトロールを見ると、最後はムチの使いすぎがのか、ロジチャリすに寄られたせいか、外に逃避していて甘くなってはいた。1対1の叩き合いに持ち込んだけど、最後に馬がナーバスになってしまい敗退。

実力は出しきっていたけど、勝負所でキメきれなかった感じかな。

グランシルク 3着

レース前評価:左回りの方が良いのかも。

狙いがハズれて、内に進路を切り替えて追い遅れてしまったのが2・3着の差を分けた。概ね上手く行ったレースにはなったけど、道中でせっかくタメた脚を余してしまったのは残念。

あそこは上手くダイワリベラル北村騎手にブロックされてしまった。まぁ、あのまま外に出していたら、外にフクれるキャンベルジュニアが邪魔になって詰まっていただろうけど・・・。

最初からインを狙っていれば2着だったと思うし、3着敗退も若干割り増しできるところはある。

若干出遅れたのもあったけど、そのお陰でロスの無い所を通れていたし、レースにそんなに影響があったとは思わない。折り合いも問題なく運べたし、今年の安田記念なら存在感を示せる可能性はあると思うよ。