★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【大阪杯2017】回顧 マカヒキ等 人気上位馬 元馬術選手のコラム

大阪杯2017、人気上位馬のレース回顧をしていきます。byアラシ

ブログ応援ボタン!クリック!クリック!

マカヒキ 4着

大外枠が大きく足かせになった。せめて隣のヤマカツエースの枠に入れればマカヒキなら2着争いには持ち込めたと思う。内枠だったら十分勝負になっていた可能性が高いとすら思うよ。

大外枠からのスタートは、一気に出して行って好位奪取か、失敗して消耗した上に大外通らされるハイリスク・ハイリターンの戦術か、無難に下げて堅実に回るかの二択を迫られやすい。

3着のヤマカツエースは上手く内に潜れる展開に恵まれたけど、マカヒキはそうも行かなかった。

4角もディサイファがバテたスペースを内から通れたヤマカツと、ディサイファの外を通らされて大外回しになったマカヒキの差はかなり大きい。

これだけビハインドをもらいながら直線だけの競馬で、このメンバー相手に4着と格好をつけて、本当に強い馬だと思ったよ。

流石にハイレベル世代のダービー馬とあって、今後に期待を大きく抱かせてくれる能力は見せてくれたと思う。

次も断然期待。



アンビシャス 5着

折り合いの難しい馬だからどうしてもスタート直後から控えてそーっと運ぶ必要がある。

去年の大坂杯は横山典騎手騎乗のもと、逃げてキタサンブラックを完封したけど、あのレースは1角~2角で折り合いを完全に欠いており、あわや自滅の危険性がある2度は出来ない競馬をしていた。

今回、最速33.6秒の上がりを使った通り、能力は高い。ただ、折り合いに悪さゆえにレース中に動けない、スタートから出していけないという痛い制限がこの馬にはつく。

自分でレースを作れる部分が殆どない分、どうしても展開がハマらないと結果がついて来ない。GⅡまでは持ち前の末脚だけで勝負が出来るくらい強いワケだけど、GⅠではこうも行かないね。

サトノクラウン 6着

やっちゃいましたね!?デムーロ騎手!・・・とツッコミを入れたくなる競馬になってしまった。デムーロ騎手はGⅠでもガンガン積極的に競馬をしてくれる頼もしい騎手だけど、その反面、展開にハネられた時のダメージも大きい。

序盤から、どんどん出して行くも、1角進入までに狙ったポジションを取れなかったのか、今度は控えて行く構えで、無駄にエネルギーを消耗させてしまった。

「何がしたかったんだよ・・・?」とツッコミを入れられても文句が言えない裏目りっぷりで、非常に中途半端な競馬をしてしまっていたね。

道中では、序盤に脚を使ってまで並ぼうとしていたキタサンブラックの遥か後方を追走。うーん・・・。

4角でキタサンが動くのに併せて一気に仕掛けて行ったけど序盤のロスを抱えながらキタサンを制するのは土台無理な話。最後のやはり馬が止まってしまって、格好の悪い競馬になってしまった。勝ちに行った姿勢は立派だと思うけど、序盤の消耗を考慮して仕掛けを遅らせればもっと格好がついたのも事実だと思う。

今回に関して言えば、馬の能力云々というより騎乗がレースにマッチしなかった。悪かったとか良かったとかじゃなくて、積極策がハマらなかったと言う意味でね。

馬は普通に強いと思う。次も期待。







コメント

  1. タケ より:

    いつもレース後の解説ありがとうございます。

    応援してるマカヒキが4着と、今回の得意条件で結果を残せなかったことが残念でしたが外枠、展開が響いたんですね。

    マカヒキはダービー以降、馬体重がほとんど変わっていない面からも成長していないって言われたりしていますが、アラシさんの中ではどう映りますか?