★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【桜花賞2017】回顧.1 ソウルスターリングの敗因は? 元馬術選手のコラム

桜花賞2017のレース回顧をしていきます。byアラシ

ランキング強化月間!! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)

レーヌミノル 1着

レース前評価:スタートはべらぼうに上手いので、好位置からの競馬が期待できる。持ち前のスピードが活きる展開になれば。

今回も発馬を確り決めて、労せず好位を確保。スタートは百発百中と思えるほどの良い馬で自分の競馬を意図も簡単に作れるのは武器だね。

「出たなりで好位を確保」出来て、無闇に動く必要がなく消耗を抑えられたのこの馬場状態も含めて最後に活きたんじゃないかな。

池添騎手も直線、本当に冷静に乗っていた。ソウルスターリングがいつ来ても応戦出来る様、脚を上手く調節して引き付けて最後までキメ手を確保し、100mの所で最後の一気に脚を開放しての勝利。

抜群の発馬を決めて労せず位置を確保して、折り合い良く運んでタメた脚を上手く池添騎手が直線で使ってあげていた感じだね。

人馬ともに見事なレースだった。次はNHKマイルかな?自然に好位を取れる分、崩れにくいと思うよ。



リスグラシュー 2着

レース前評価:右にモタれる馬なので、左回りのオークスならともかく、メンバーの揃ったここでは流石に一筋縄ではいかないと思うよ。決め手が繰り出せれば。

序盤は武騎手の位置取りが光った。ソウルスターリングを外に置いての競馬で、この上無く良い位置で運べたのは直線のキレ脚発揮や進路確保に非常に大きな役割を果たした。

ソウルスターリングの内を回ってソウスタよりもロスを抑えられる上に、勝負所はソウスタが前に行ってスペースを開けてくれる公算が非常に大きく、そこを通って出てこれる見通しが立つ。

実際、その目論見通りになって、直線ではソウルスターリングの後を通って楽々前を捌いて、ソウルスターリングを追撃する体勢を作れた。このエスコートは非常に見事だった。

最後はソウルスターリングを目標にしていた余り、追い出しが遅れてしまった結果、レーヌミノルを捉えきれずに2着。最後、ソウルスターリングを交わる状況になった時に、武騎手の腕のストロークが一気に大きくなって、何とかレーヌミノルを捉えようとしたけど、時既に遅かった。

ただ、作戦上これは無理もない事で、レース前は誰もがソウルスターリングが最強と思っていたんだからこの直線の脚配分は致し方ない。レース中は、早めに脚を使ってソウルスターリングに並んでいたら、終いでソウルに差し返される可能性が懸念され、その可能性を否定できる情報は当然なかったワケだからね。

早めに行っていれば・・・、というのはレースが終わって初めて言える結果論に過ぎない。

右にモタれるのを警戒して、左ムチを使えず右ムチだけの直線勝負になったのは引き続き課題だね。左ムチを使って左後脚の力を開放できれば更にやれるハズ。※1

※1.ムチで叩いた所が一番動く

そういう意味では左回りのオークスは楽しみ。距離も問題ないと思う。



ソウルスターリング 3着

レース前評価:追い切りで直線入っても追われる事なく僚馬を追走して、最後は鼻ツラを真正面に向けられるとまっすぐ深くヘッドが低伸してストライドが伸びている。これは当然、楽しみ。

圧倒的1番人気に支持されて3着敗退。陣営、馬主、ルメール騎手、応援していたファン、皆が悔しかったんだろうなぁ・・・。

道中のレース運びについてはいつも通り五分に出て好位をとって折り合って運んでいた。4角もロスを少ししか被っていないし、これで伸びを欠くとはレースを見ている時には全く思わなかったと言うのが正直な所。運びそのものには問題は全く無かったと思う。

直線、右手前→左手前→右手前といつもより1回多く手前を替えていたのはかなり気になった。(馬は脚に掛かる負担を均一にするために、手前を替える)

この馬は普段(右回の時は)直線入って時は左手前、途中で加速する時に右手前に替えるんだけど、今回のレースでは右手前に替わった時に伸びていなかった。その上、ムチを使われてから2完歩後に左手前に戻してしまっており、何らかの原因で馬が加速を躊躇していた様に見えた。

原因としては

1.渋った馬場を気にしていた

2.脚元に異常を感じていた (但し、レース後の歩様を見る限り、ハコウはしてなかったと思う。)

3.右前に馬(レーヌミノル)がいて気になった。抜け出してからムチを使われるという完勝を繰り返していた分、慣れていなかったのかも

と言った所があるかもしれない。

いずれにせよ、この程度で終わる馬では絶対にない。オークスでの反撃は勿論期待度大。

ランキング強化月間!! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)








コメント

  1. 関東親父 より:

    ソウルの直線も案外でしたがミヤビがレースの流れにまったくのれていないのが印象的でしたね。
    この世代、牝馬>牡馬と図式で進んできましたが秋にはどのような評価になってるか興味があります。

  2. 即身仏 より:

    ソウルもアドマイヤも以前とは違う走りであり、2頭共程度の差こそあれ道悪が苦手なのかもしれませんね。逆にレーヌミノルは持ち味を最大限に活かす走りであり、良馬場だったらともかく流れが向いた勝利でもありますが勿論、力があるからこその栄冠でもありました。
    しかし、浜中騎手はどういう気持ちで見てたんでしょうね・・・・?前走で陣営に見放されるような騎乗をしなければ桜花賞騎手は浜中騎手だったのかもしれませんし、これを機に(岩田騎手の様に)己を見つめ直す良い機会になれば良いのですが、どうでしょうね?

  3. 黒ラベル より:

    アラシさんこんばんは。いつも楽しく拝見させてもらってます。
    手前のことで思ったのですが、アエロリット。
    クイーンカップにしても今回にしても、ゴール直前で手前を変えて、
    そこからさらに加速していくように見えるんですが、
    これって直線の長いコースは向いてないって捉えるべきでしょうか?(片方だけの手前ではモタないという意味で)
    いつも根性見せてくれて、好きな馬ではあるんですが、、。そういう意味でもオークスはきついのかなと思ったりしました。