★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【福島牝馬ステークス2017】最終追い切り所見 2/2 元馬術選手のコラム

福島牝馬S2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。2/2 byアラシ

ランキング強化月間!! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)

デンコウアンジュ

栗東 CW 重 水曜日  単 馬なり

4F51.9 3F38.5 1F12.2

良い脚を持っている馬で、いつ来てもおかしくないだけの実力は秘めていると思う。ただ、エンジンの掛かりが遅いというか、そもそもエンジンが掛かっていないようなレースも多いというか・・・。

追い切りでは外をキッチリ通しながら、馬なりでかなりの時計を楽そうに出している。

散々期待して何度も残念な思いをしている馬なんだけど、ここは再度期待をこめたい。

楽しみ。




トウカイシェーン

栗東 坂路 重 水曜日 単・馬なり

4F57.9 3F41.3 2F26.5 1F13.0

テンで行ける馬で好位を取れるのは好ポイントだと思う。その分、序盤で若干かかりそうにはなるけど向こう正面ではいつも落ち着いて走れている。

能力的には足りていないと思う。日頃、レースメイクが出来る分、ハマったら・・・というのがイメージしにくい。

こういう優等生タイプの馬だから追い切りは良く見えるんだよな。時計を出していないので能力は計りようがないけど、四肢の運びもまとまっていて、ハミの収まりもピッタリしている。最後は自分から伸びようともしているし、雰囲気そのものは良い。

これだけ良く見えてレースではじけないんだから、能力が完全に不足していると言う事だろう。

ノットフォーマル

※追い切り映像はなし

ハナで行かせてどこまでというタイプで、先手を取って少しでも馬が頑張ってくれるように願うしかない。前走の春興Sでは最下位に敗退しており、どう考えても厳しいとは思うよ。

ハピネスダンサー

栗東 坂路 重 水曜日 単・馬なり

4F56.1 3F40.4 2F25.5 1F12.5

前走の中山牝馬ステークスは内でロス無く回れて、折り合いもついていた。これで直線後退の13着では見込みようが無い。

追い切りはウッドチップの深くなった馬場に脚を取られてはいたけど、全体を抑えているとは言え、最後はキッチリ伸びていたのは良いと思う。

ブリガアルタ

美浦 南W 良 水曜日 単 馬なり

6F84.0 5F68.0 4F52.9 3F39.1 1F13.1

これまでのレースを見る限り左手前を多用する馬で、右回りは明らかにプラスだと思う。1000万下、最内をロス無く回って勝った上での挑戦なので、評価は難しいけどメンバーかかなり薄いし、上位はありえるかもと思う。

追い切りは、下記のリーサルウェポン同様、一旦整地した後に馬場入りしたようなので非常にスムーズに見える。馬場補正が大きいから、見た目通りに評価するべきではないね。

この馬は特注で警戒。




フロンテアクイーン

美浦 南W 良 水曜日 単 馬なり

5F70.0 4F53.8 3F40.0 1F13.5

前走の中山牝馬ステークスは出して行ったら道中で掛かってしまい終いが浅くなった部分もあると思う。力量は十分通用するレベルと見る。

追い切りは「はい?」っと思うほどゆったり纏めてたけど、遅く走らせたなりに前脚は確り前に伸びていたし、お腹の下まで後脚も入っている。前走、折り合いを欠いたのを警戒した上での仕上げなのかも。

この馬には期待したいよ。

ペイシャフェリス

美浦 南W 良 水曜日 単 馬なり

6F81.0 5F64.5 4F51.0 3F37.9 1F12.7

先手が取れれば面白いと思う。オーシャンSの直線でも馬群の中で馬は手を抜かずに頑張って走っていたし、前走の叩き合いも然り。良い馬だと思うよ。

追い切りでは馬が急いていて脚の運びもかなり速くなってしまっていて、1800mは不安、不慣れという感じだね。

穴で警戒。

リーサルウェポン

美浦 坂路 重 水曜日 単・馬なり

4F55.2 3F39.5 2F24.9 1F12.0

凡走が1年以上続いているからねぇ・・・。

追い切りは動き全体はスムーズだけど、一旦整地した後の馬場でやっている様なので、大幅に割引が必要。

ロッカフラベイビー

美浦 南W 良 水曜日 併せ 強め

5F66.9 4F51.5 3F38.8 1F13.3

後ろに控える競馬をする馬。特に折り合いも問題なさそうで出して行っても良い様におもうけど、どうだろう。

脚は速いから差し届く展開になれば勝機は十分。前々走のtvk賞はヨーイドンの競馬で後方待機が裏目に出てしまったものなので、度外視出来る。あのレースでは33.5秒の二番上がりを使って頑張っていたよ。

追い切りは鞍上が拳を動かさずにこれだけの時計を出しているので、秀逸な印象を受けた。やはり折り合いに不安もなさそう。その分終いも期待できる。

警戒必要だね。

以上、楽しみなのはデンコウアンジュ、期待はフロンテアクイーン、ロッカフラベイビーを警戒、ペイシャフェリスが穴で警戒、ブリガアルタが特注警戒 だね。

人気上位二頭は危険だと思うよ。

ランキング強化月間!! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)