★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【天皇賞春2017】最終追い切り所見 サトノダイヤモンドの評価は?? 2/2 元馬術選手のコラム

天皇賞春2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。2/2 byアラシ

サトノダイヤモンド

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

4F53.2 3F39.0 1F12.0

前走阪神大賞典では序盤掛かりながらも終いで力強く伸びて、他馬を寄せ付けない強さで勝利。最初のコーナー進入時に折り合いを欠いたのは、「馬が勝負所と間違えたから」だと判断している。さすがに2度、同じ事にはならない様に乗ってくると思うし、気にしなくても良いハズ。

有馬記念で向こう正面で位置取りを大きくリカバリしながらも手綱を持った所で馬が全く掛からないという器用さ、明晰さを見せる。

キタサンブラック以上にスキの無い競馬が出来る馬だと思う。

一週前に5F 67.4秒で攻めており、ここは反応を確かめる程度の追い切りだったね。無闇に負荷をかけないのは馬が仕上がっている証拠。万全の体制で臨めるはずだよ。

この馬には期待。




ディーマジェスティ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 一杯

5F65.8 4F50.7 3F37.1 1F12.4

体全体を使ってバネのある走りをする分、かなりのスピードが出るけど、体力が持たない。天皇賞に駒を進めてきたのは個人的には意外だったよ。

日経賞では折り合い良く進むも勝負所でモタついてしまい、シャケトラを追撃できず6着敗退。雰囲気の良くない敗北にはなったよね。

追い切りは二週連続で攻めてきた。素晴らしい時計で体をぎゅ―っと縮めて、パーンっと開く全身をフルに使ったバネのある走りが出来ていて、能力そのものはやはり高水準。ただ、日経賞の時とそうは変わっていないのも事実で、距離や、コーナーでのモタつきには不安が残る所は否めない。

トーセンバジル

栗東 CW 良 木曜日  併せ 強め

5F66.8 4F51.4 3F37.5 1F12.2

阪神大賞典では初めての長距離を意識してか折り合いを重視して堅実に運び、最後も確り伸びた。サトノダイヤモンドと、120点の競馬で運んだシュヴァルグランに次いでの3着だし、頑張ったと思う。

阪神大賞典で堅実に運んだところで手応えは得られたと思うし、今回大胆に乗ってくるかもね。

追い切りはゆったりしたフットワークで大きくストライドも開いていて、長距離は合っていると思うよ。結構一杯に近い感じで追っていたから、出来ればもう少しタイムが伸びればよかったけどね。

ファタモルガーナ

栗東 CW 良 水曜日  併せ 一杯

6F82.0 5F66.4 4F52.1 3F38.9 1F12.4

勝負所でロングスパートを決めに来る馬。超スローになれば、粘り込みもあると思う。基本、折り合いに心配はいらない。何故、毎回かなり早めに動くかは良く分からん。

追い切りはムチを振られて一杯に。僚馬を早めに出し抜くスタイルも本番を意識しての事だろう。

プロレタリアト

美浦 南W 良 水曜日  単 強め

5F69.2 4F52.4 3F38.6 1F12.7

牝馬で果敢に挑戦だけど、エリ女やダイヤモンドSでは完膚なきまでにボロ負けしており、どう考えても厳しい、上手く行って一桁着順を目指せればのレベルだと思う。

追い切りは内を回って多少速い時計になっている。追われてからストライドが伸びないし、好感は出来ないね。




ヤマカツライデン

栗東 CW 良 水曜日  単 一杯

6F81.0 5F65.3 4F51.2 3F37.5 1F11.6

逃げて逃げての馬で他馬をとにかく気にする。そんなにリラックスした走りはしないし、単騎で相当上手く運ばないと厳しいと思うよ。

追い切りは単走で目一杯。エイシンヒカリとかもそうだったけど、逃げに拘りがある馬の追い切りだね。とにかく逃げて、それでどこまでやれるかという事だろう。

ラブラドライト

栗東 CW 良 水曜日  単 終い一杯

6F86.9 5F70.3 4F54.2 3F40.3 1F12.3

ちょっとスタートダッシュが遅いようで、出して行く→若干掛かる、という競馬になりがち。力量的に優れているとは思えないし、どうかな。

追い切りもかなり見劣る印象で、全体時計を抑えた割りには終い深く追った時に全く馬が伸びていない。

ここはさすがに通用しないと思うよ。

レインボーライン

栗東 坂路 良 水曜日 単・馬なり

4F56.6 3F41.3 2F26.2 1F12.8

基本的に折り合いに問題はなく、3200mも全然心配していない。日経賞ではゲート直後に両隣の馬に寄られて手綱を引いた所でハミが入ってしまい、若干折り合いを欠いた。前半の消耗を気にしてかデムーロ騎手が勝負所でイン突きを敢行したら、追い出しを待たされてしまい、最後鋭く伸びるも4着敗退。

序盤、偶発的な事象でハミを噛んでしまった上での事なので、悲観視はしていないよ。この馬も春天を盛り上げてくれる一頭なのは間違いない。

追い切りは時計を抑えて軽めに調整。浅見厩舎は水曜日に時計を出さないから、この動きだけではなんともね。坂路では頭が上がってしまう所があるけど、本番では問題ないよ。

穴で警戒。

ワンアンドオンリー

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

6F81.0 5F65.0 4F50.7 3F37.3 1F12.1

阪神大賞典では折り合い良く運んだけど、最後は馬が動かず大敗。良い頃の状態には到底及ばないよ。馬自身に走る気持ちが戻ってくればもっとやれるとは思うんだけど・・・。

追い切りはここ最近で一番良い動きをしている。珍しく馬が自分から走ったね。普段は追われると頭を上げて加速をためらうんだど、今回は真逆でよく見えたよ。

以上、楽しみなのはキタサンブラック、サトノダイヤモンドは期待、シャケトラ警戒、レインボーライン穴で警戒、スピリッツミノルが特注で警戒だね。









コメント

  1. クラデン より:

    枠順見た瞬間、
    春天で死に枠とされている8枠に
    サトノとレインボーが入ってしまい
    トホホな気分に…(;´д`)

    これをどう見ましょう?