★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【天皇賞・春2017】回顧 2/2 着順下位各馬の回顧  元馬術選手のコラム

天皇賞・春2017のレース回顧をしていきます。byアラシ

2/2 本稿では着順下位馬について所見を述べて行きます。

ディーマジェスティ 6着

この馬なりに一生懸命走る競馬をしたと思う。決して悪くないよ。

序盤で体に当てたかどうかは分からないけど、ムチを使っていたのは宜しくないと思った。それでも後方の競馬になってしまっていたし、3200mでこういう感じだと次はどうかな。

最後は果敢にマクって行き、最後は止まってしまっての6着。全身をかなり使って走る馬で、長い距離は正直疑問には思っている。

何にせよ、この馬の競馬をしてこの着順なんだから、まずまずじゃないかな。まだまだこの馬は見限れないよ。




ゴールドアクター 7着

折り合いがカギになる馬で、折り合うとワリと好走、掛かると凡走する。

今回はパドック、返し馬で落ち着いており「力は出せる」とは思った。

出遅れに関しては輪乗りでソワソワしていたのをゲートの中まで持っていったのが全てという感じはした。ゲートを若干、嫌がっていそうでノリさんが上手くカニ歩きみたいな感じで正対させずに入れて、「上手いな!」と思ったんだけど、良くゲートを直視させて観念させてから入れた方が良かったのかも。

ゲート内で駐立が不安定な状況でゲートが開いてしまい、出遅れに。

道中は全般的に折り合って運んでいて、日経賞の時の様に脚の運びが速くなる所はなかった。最後もまずまず使っていたし、出遅れてこれなら悪いとは思わないよ。

このコンディションで次も出てこれれば面白いと思う。宝塚記念でも妙味アリだね。




シャケトラ 9着

出遅れからリカバリして推した所で馬が掛かってしまった。この判断については賛否が分かれる処だろうけど、前で競馬をした組が上位を占めた結果を見ると決して間違っていたとは思えない。

掛かったのを含めて3200mは長かったと言う事なのかも。道中、脚の運びが速くなってしまっていたし、何かと消耗していたと思う。

掛かったまま、坂の下りに入ってしまい、そのままダーッと行ってしまった所もありそう。

短縮で再度期待。

レインボーライン 12着

大外枠だった事もあり、控え目に出て最後方から最内にポジションを確保。

前が残る競馬だったし、この判断が裏目に出たのはあるよね。

直線では脚勢が失せていて、馬がバテていた感じはするよ。

今のコンディションだと3200mは長いのかもね。

ランキング強化月間!! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)