★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【京都新聞杯2017】最終追い切り所見 1/2 元馬術選手のコラム

京都新聞杯2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/2 byアラシ

インヴィクタ

栗東 坂路 良 水曜日 単走 馬なり

4F53.9 3F39.2 2F25.9 1F12.9

スタートダッシュがあまり速くない馬のようで、前にはつけにくいかも。前走は粘る前を捉えられずにジリジリ伸びて3着まで。能力馬なら勝てないにせよ、もう少し食い込む感じの走りが出来ると思うんだけどね。

追い切りは手綱を強めに抑えて14秒ー13秒ー13秒ー13秒で規則正しく走っているので、予定通りなんでしょう。それだけ折り合っているという事でもある。

ただ、このラップならもっとハミを取る気配を出して欲しいと思う部分はあったよ。

とは言ってもこのメンバーなら期待出来るんじゃないかな。



ウインベラシアス

※追い切り映像はなし。

逃げに拘りがあるタイプで、少頭数は歓迎だろう。ただ、前走未勝利戦勝ちあがりの走破時計、上がりともかなり遅く、どう考えても能力不足。

超スローに落とせないと、まず無理じゃないかな。

カケルテソーロ

※追い切り映像はなし。

耳を伏せて機嫌悪そうに走る。終いの粘り気はそこそこある感じだし、ウインベラシアスよりは良いと思うよ。

ゴールドハット

栗東 坂路 良 水曜日 単走 馬なり

4F54.9 3F39.7 2F25.8 1F13.0

未勝利戦を5馬身差で圧勝したのち、黄梅賞3着。黄梅賞は早めに動いた分しまいが浅くなった所もあるので、もう少し見込んでも良いと思う。脚勢は力強いからね。上手く温存が利けば弾けてくれそう。

追い切りは完全な馬なり。脚勢の強さは目立つね。

一気に追えるレースが出来れば。

穴で警戒。

サトノクロニクル

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

4F52.2 3F38.2 1F11.6

折り合いもよく、末脚も中々のものを持っている。負けた相手もイブキやプラチナバレットと言ったある程度名前が知れている馬だし、戦績的には悲観部分は少ないよ。

追い切りも馬なりで終い11.6秒使っているし、良いと思うんだよな。

ここは楽しみ。



サトノリュウガ

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 一杯

4F52.0 3F37.9 2F24.8 1F12.6

レースでもまずまずの脚を使って勝ってきているし、変に崩れるような所もなく良いと思う。折り合いも問題ない感じ。ただ、福寿草特別でエアウィンザーに勝っているのは最内を回ったサトノリュウガと大外を回ったエアウィンザーとの差が出ている点には注意。

追い切りはある程度の余力を残してこれだけのタイムが出れば重賞挑戦には十分値する。この時計でも最後まで自分から伸びているし、好感は持てたよ。

警戒。

ランキング強化月間!! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)