★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【京都新聞杯2017】回顧 元馬術選手のコラム

京都新聞杯2017のレース回顧をしていきます。byアラシ

プラチナムバレット 1着

レース前評価:追いきり良いが、日頃のレース振りにズブさあり。中立。

浜中騎手のコース取りが冴えた一戦になった。少頭数とは言え、コーナーの入口ではそれなりにロスが発生しない位置取りが出来ていた。

最初は「少し掛かるかな?」と思う出だしだったけど、向こう正面では上手く折り合えていた。

3~4角でジッと進路を探していたのも見事、インヴィクタが加速にモタついたのと、メルヴィンカズマが早めに動いた事によってスペースが出来るのを見込むと、そこを一気に狙って出していき、直線は最外に進路を確保。

3~4角でロスなく、動かず、直線で一気に追うという追い込み競馬としては理想的な騎乗が出来たと思う。

人馬ともに見事な走りだったけど、僅かにズブさが垣間見えた所もある。最後の最後、JRA映像で実況が「内は3番サトノクロニクル・・・」と言っている辺りで脚勢が最速になっているけど、浜中騎手はそのもっと前からガッツリ追って最高速度を出すよう馬に促していた。

馬がもっと俊敏に鞍上の指示に従っていれば、もっと楽に勝てていたハズ。

それほど強気な評価はできないかな・・・。




サトノクロニクル 2着

レース前評価:追い切りも馬なりで終い11.6秒使っているし、良いと思う。楽しみ。

序盤、ダノンディスタンスに接触されてしまい馬がやや混乱する所があった。本来は折り合いはつく方なだけに、相対的にこれはビハインド幅が大きかったかも。

それ以外は総じて内枠を利して経済コースを通れていたし、ほぼ実力は出し切れる運びが出来ていたんじゃないかな。

最後に内に進路を取った時に、ダノンディスタンスに反則を取られないレベルで斜行をかまされて、加速が鈍ったのは響いたと思う。

勝ち馬に比べてビハインドが多かった所を見ると能力的には五分と言った所じゃないかな。



インヴィクタ 7着

レース前評価:このメンバーなら期待。

元々スタートが少し遅い馬。今回はそれに加えて隣の枠に入ったサトノリュウガがゲート内で暴れてしまい、それに驚いて駐立が悪くなった所でゲートが開いてしまい、痛恨の出遅れ。

その後、致し方なしに序盤から追っつけて体力を消耗してしまった。

この出遅れがなければ・・・という見方もあるけど、4角での反応が一息で勝ち馬に進路をアッサリ献上したところを見ると、良くて3着くらいだったんじゃないかと思う。

脚はほどほどに持っているのは分かったし、秋に向けて変わり身を期待と言う事じゃないかな。

ランキング強化月間!! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)








コメント

  1. 松任谷豊 より:

    いつも読ませていただいて、参考にしております。
    あまり評価が高くないようですが、残念ながら、プラチナムバレットは骨折(右トウ骨遠位端骨折)でダービーは無理なようですね。
    今年の京都新聞杯は、頭数も少なかったですし、メンバーもちょっと小粒な印象でしたが、どれだけ通用したのかは本番で見たかった気がします。