★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【ヴィクトリアマイル2017】回顧 1/2 着順上位馬 元馬術選手のコラム

アドマイヤリード、デンコウアンジュ、ジュールポレール

ヴィクトリアマイル2017のレース回顧をしていきます。(着順上位馬) Byアラシ

アドマイヤリード 1着

レース前評価:(追い切りで)追い出してからの反応は素早いし、フットワークも軽く一蹴りでの進みも速い。やはり上手な立ち回りを期待出来そうだね。

コーナーでロスを抑えたのが勝因だと思う。乾きかけている馬場状態で上手い事コーナーでインを突けていたよ。コーナーでは馬場状態を気にして外に出す馬が多かった中、アドマイヤリードは概ねラチに近い経済コースをチョイスしていた。

ここはルメール騎手のエスコートが見事だった。馬場の回復状況、緩い馬場でもこの馬は止まろうとしない、と言った面を総合的に考慮した位置取りをした様に見えたよ。

ロスのない競馬が出来た分、直線は脚が溜まっており、かなりの手応えで入る事が出来た。

他馬が外を回っていた事もあり、直線進入時点で好位にいたのも大きい。イン突きっぽくなったけど、前に馬が殆どいなかったからね。馬体が小さい分、スマートレイアーとソルヴェイグの間を上手くすり抜けられるように出てこれたんじゃないかな。

器用で強い所を見せたけど、他馬が外を回り過ぎる展開やコース取りにアドバンテージがあったのも事実。

高めの評価となると、どうかな。




デンコウアンジュ 2着

レース前評価:脚に破壊力がある。穴で警戒を。

序盤、オートクレールとミッキークイーンに(恐らく反則を伴わない形で)挟まれて、鞍上が二度尻もちをつくほどバランスを崩すアクシデントがあった。その分、位置取りが思ったより後ろになってしまっていたとかの計算狂いはあったかも知れないね。

馬のコンディションには影響は無かった様だけど、手綱を引いた時にハミが掛かってしまったり、尻モチをついたときにゴーサインの扶助と勘違いしてぶっ飛ばれる危険もあった、ちょっとヒヤっとする事象だったよ。

4角は馬5頭目くらいの所を追走、前に(伸びてくれると思われる)ミッキークイーンが前にいたから、比較的安心して回れたんじゃないかな。鞍上もこの馬のキレ脚を引き出せるようにか、ジッと身動きを取らずタメに徹していたね。

直線入り口で浜中騎手(ミッキークイーン)の強引な進路取りで若干後手に回り、僅かに影響があった。着差に影響はなかっただろうけど、僅かに追い遅れたね。

直線は流石のキレ味。追い切りの所見でも書いたけど、左回りはかなり真っ直ぐ走って伸びてくれる。33.2秒の最速タイは見事。

勝ち馬に上手く立ち回られた、この馬は大味だったというのはあるけど、これは馬の持っている実力・センスの内だから、今日は完敗の2着だと思う。

左回りなら今後も期待。




ジュールポレール 3着

レース前評価:スタートが速く、安定して前につけられる器用さが武器。まず手合いは作ってくれると思う。5番手評価で警戒。

この馬にしては珍しく発馬で他馬に遅れた。前の好位が残った結果を見ると、いつも通り出ていればもう少し前進があったかもと思うと、ちょっと悔しい所じゃないかな。

発馬を除けば、メンバーの中ではロス無く乗った方だし流れを作って粘り切る、この馬の競馬をする事が出来た。

直線弾けなかったのは鋭い脚を持っていない馬だと言う事だと思う。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)