★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【安田記念2017】等 最終追い切り所見 2/3 ステファノス等 元馬術選手のコラム

記事で取り上げる馬:サトノアラジン、サンライズメジャー、ステファノス、ダッシングブレイズ、ディサイファ、デンコウアンジュ、トーキングドラム

安田記念の最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ

サトノアラジン

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F84.6 5F67.0 4F51.7 3F38.4 1F11.6

京王杯SCでは直線でイン突きを試みるも、前がバラけず詰まってしまい9着敗退。前を走る馬群に置かれていたワケではないので、追えばキッチリ伸びたハズ。まったく見限れないよ。年明け2戦目、上積みも見込めるからね。

追い切りは非常に速い時計を馬なりで計時しており、マイル戦でこの時計は頼もしい限り。折り合いに不安があるけど、昔に比べれば大分マシ。

僚馬を千切ったのは僚馬が直線で抑えた分なので評価せず。

持ち前の豪脚が使える大外に上手く誘導できれば。ストライドも大きいから小細工はしない方が良いと思う。

特注で期待。




サンライズメジャー

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり

4F54.5 3F39.8 2F25.7 1F12.6

マイラーズカップでは逃げを打って9番人気ながら掲示板を確保。折り合いに難しい所があるから、行かせるのも手なのかも知れないね。

追い切りではいつもよりは落ち着いて走っていたね。順調じゃないかな。

ステファノス

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

5F65.7 4F50.9 3F37.3 1F12.0

大阪杯をキタサンブラックの2着。気の良い馬で、道中は折り合いよく、末脚も破壊力こそもうワンパンチだと思うけど相当なモノを持っている。善戦は当然期待したいね。

大阪杯では序盤から推していくも、先行競馬になれていないためか馬が行き渋って珍しく掛かってしまう所があった。差し込む競馬が染み付いているのかも。

追い切りでは少し掛かり気味だったので、意外だったね。もっと精悍で聞き分けの良い馬のハズなんだけど。。。

ただ、追われてからの反応は相変わらず優等生。良い脚を持っているし、上位に来てもまったくおかしくないよ。

ダッシングブレイズ

※水曜日時点で追い切り映像なし。追い切り映像が出た場合は金曜24時までに追いきり部分の所見を追記します。

前走の京王杯SCは外を回り続けるロスを被った。ジリジリ詰めていたし、内容はそこまで悪い訳ではない。前々走のマイラーズカップも手応えがある状態で詰まっており、ここで前進はあり得ると思わせてくれる感触は有るよ。

ディサイファ

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 馬なり

4F54.7 3F39.3 2F24.9 1F11.9

大阪杯では4角一杯で直線後退。あのメンバーでは追走も大変だったと言う事だと思う。

今回も結構なメンツが揃っているから、さすがに厳しいとは思うよ。

追い切りでは僚馬の真後ろを追走させて直線で抜く、我慢を覚えさせる調整。この馬でこのやり方は初めてみたね。

終いは良かったけど、全体時計を抑えた上での事なので評価は限定的。




デンコウアンジュ

※水曜日時点で追い切り映像なし。追い切り映像が出た場合は金曜24時までに追いきり部分の所見を追記します。

ヴィクトリアマイルでは鋭く伸びて強い印象の2着。元々、右回りでモタれる所が見られるので、左回りの方が本領を発揮しやすい馬。

トーキングドラム

美浦 南W 良 水曜日  併せ 馬なり

6F85.5 5F69.3 4F53.9 3F38.9 1F12.2

キレる脚がないので、どうしても直線で負けてしまう。阪急杯を勝ってはいるけど、あれは最内で進路もアッサリ開いての事だから・・・。

ある程度の位置は取れる馬だから、スローで粘り気がだせれば。

追い切りは全体時計を控えて終いを速くしているけど、かなり追って12.2秒なので、キレの無さは目につくよ。それと僚馬と併せてもあまり自分から行っていないね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)