★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【鳴尾記念2017】回顧 スマートレイアーの敗因は 元馬術選手のコラム

鳴尾記念2017のレース回顧をしていきます。Byアラシ

ステイインシアトル  1着

レース前評価:G3の4番人気相応の動きだと思う。

出脚の速さを武器に外枠から先手を楽に取って、スローの逃げに持ち込めた事につきる。開幕週でこの上ない競馬が出来た感じだね。

レース前に過去走をチェックした時は正直見落としていたけど、この馬は鞍上が推さなくてもゲートが開けば自分から前に行く性質がある。その分、序盤で争っても折り合いを欠き難い所は長所。道中全般、手綱に遊びがあって完全に折り合っている状態だったからね。こういう状態で行ける馬はまず終いで伸びる。

武騎手のエスコートも見事だけど、どちらかと言えば馬が自分から競馬を作って、武騎手はそれをアシストする騎乗だったと思う。

スマートレイアーが迫って着たところで、もう一段加速できるだけの体力を残せていたのは立派だったよ。

とは言え、この上ない運びになった上での重賞制覇だし、多い頭数やよどみのない流れになれば、又違うと思う。

毎度ここまで上手くは立ち回れるものではないと思う。先手はかなり取りやすいから、形は作りやすいと思うけどね。



スマートレイアー   2着

レース前評価:時計を抑えたとは言え終い12秒台前半を簡単に計時、能力は評価出来る。期待。

レースの展開を考えると上々の2着だと思う。能力はこの馬が1番だと思ったけど、展開的に「こう乗れば勝てた」という部分がない。

デムーロ騎手は序盤先手を取りたかった様だけど、横からステイインシアトルの武騎手が来てしまい手控える形に。「ここで譲らず前につけていれば・・・」という風には思わないね。と言うのも、手綱を持った所で馬がハミを取りかけてしまい、手綱がピンと緊張していたでしょう?

つまりあのままステイに譲らず前に出して行ってしまったら、馬がどんどん行く気になってしまい手綱を持った所で折り合いをかなり欠く恐れがあった。だから、あそこで手控えたのは判断としては合理的だったと思う。

後は多少ロスを被る3~4角の回りをした上で、上がり33.6秒を使ったんだから強いよね。

完璧に運んだ勝ち馬に肉薄していたし、能力は引き続き評価出来るよ。

言ってしまえば、序盤のハナの取り合いでそのまま行かせても折り合いが取れる馬なら、このレースは勝てていたと思うし、それが出来ないようなメンタル面での課題を持つ馬だから今日は2着だったと言う事だろう。その辺の器用さも含めて実力の内だから今日は完敗と言う事にはなるね。

次走も当然期待。



スズカデヴィアス   4着

レース前評価:追い切りでは追えば追うほどグングン伸びて、良い脚を単走で使っている。楽しみ

流石に開幕週では前を捉えられなかった。良い脚、良い折り合い、良い出脚を持っているのはここでも確認できたよ。

スローペースでも楽々折り合っていたし、直線の脚も申し分なし。

この馬にはいつか重賞のチャンスが回ってくると思っている。

ただ、気持ち右回りでは直線モタれる?というか、左回りほどは追い易さがないような・・・。

同情するならクリックを!! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)








コメント

  1. 匿名 より:

    デムーロは向正面で押し上げたかったみたいだけど、
    ルメールのバンドワゴンが外に出してきてそれが出来ずにそのまま
    外々回らされたという感じかな?
    バンドワゴンはダートで見てみたいというのは同感です。
    一度負けてますけど完全に度外視できますし