★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【エプソムカップ2017】最終追い切り所見 2/3 等 元馬術選手のコラム

記事で取り上げる馬:トーセンレーヴ、ナスノセイカン、バーディーイーグル、パドルウィール、ヒストリカル、フルーキー

エプソムカップ2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ

トーセンレーヴ

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

4F53.9 3F39.1 1F12.0

新潟大賞典では逃げの手に打って出て15番人気ながらも8着と頑張った。中団に控えての伸び脚は知れているし、ここも逃げてみた方が面白いのかも。

追い切りは僚馬から先行する形で回っており、逃げるのかなー?という内容。

ハミにモタれかかって頭ががっくんがっくんしていたのは如何なものか。ハミとってないよね、これ。




ナスノセイカン

美浦 南W 良 水曜日  併せ 終い一杯

4F52.0 3F38.5 1F13.0

折り合いのつく馬だけど、残念な事に脚が遅い部類。前走のメイステークスではスローのヨーイドンで好位にいたワリに前にジリジリと離されて6着敗退。

日経賞とか金鯱賞を見ても似たり寄ったりだね。

追い切りは整地後にやっているので速い時計が出ていた所はあるね。押しまくって僚馬とようやく併走。やはり脚は遅いみたいだね。

バーディーイーグル

美浦 坂路 良 水曜日 併せ 強め

4F52.1 3F38.2 2F25.1 1F12.7

スタートは良い。ただ、ペースのある程度流れた前々走の福島民報杯では4角で完全にタレており、重賞はさすがに厳しいと感じる内容だった。

前走メイステークスはスローのヨーイドンだったけど、包まれて脚を幾らか余してはいたね。

追い切りはムチを何度も振るわれながら一杯に追われたにも関わらず、僚馬に置かれてしまった。ちょっと期待は酷な感じがするよ。

パドルウィール

栗東 CW 良 水曜日  単 馬なり

6F82.5 5F66.6 4F51.8 3F38.5 1F11.6

先手を奪ってどこまで粘れるかという馬。去年12月の金鯱賞ではスローで行けた分2着まで頑張れたけど、本来は並のペースで流れても直線でタレるくらいの能力しかない。

期待は酷だと思う。

追い切りが存外走っているけど、金鯱賞の時もこれくらい走っているからね。

単走で7分追いしてこれだけの時計を出せれば十分。脚も決して急いていないのに好時計計時は正直目を見張る。今までの走りを見る限り実戦では追い切り程は動かないね。

ヒストリカル

栗東 坂路 良 水曜日 単 強め

4F51.3 3F37.1 2F24.8 1F13.0

昔は精神的に難しい所が有る馬で、一時完全に見限っていたんだけど、昨秋からは復調傾向。特に小倉大賞典の追い切りは素晴らしかったのを覚えているよ。

前走のメイステークスはスローの後方待機で本来用ナシでもおかしくない展開なのに、鋭く32.7秒の脚を使って4着まで入り、存在感を示した。

右回りではモタれる所が相変わらずあるので、左のここは信頼度アップ。

追い切りは全体通じてすっ飛ばしてしまった分、流石に止まってしまった。ここでもう一伸びあるかどうかが一流との違いだね。

これだけ追っておけば十分じゃないかな。51.3秒って相当な時計だし、この時計を内容がどうであれ中距離馬が計時できているならそれだけでも好評価できるよ。




フルーキー

栗東 CW 良 水曜日  単 馬なり

6F85.2 5F67.9 4F52.7 3F38.3 1F12.0

前々走の金鯱賞は珍しく掛かってしまい15着。基本的に手合いを作れる、レースセンスの有る馬で脚の持ち味も良い。前走の新潟大賞典ではメンバー中最速33.6秒で鋭く追い込んでおり能力は感じさせてくれる。前が頑張ったレースで偉いと思ったよ。

追い切りは直線まで絞り気味でもそれなりの時計を出しており好いた感じだった。ただ、追われてから珍しく内に入る所が出てしまって・・・。年齢が年齢、戦歴も長いから、変な事を覚えて楽しようと思う気持ちが芽生えていてもおかしくは無いね。追われてから頭を上げて加速を躊躇していたのもそれに拍車をかけて悪く見えた。

能力は見込んでいるんだけど、あえて見したい走りではあった。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)