★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【エプソムカップ2017】回顧 元馬術選手のコラム

エプソムC2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ

ダッシングブレイズ 1着

レース前評価:追い切りは完全にメイチで、良い感触を受ける。

好発を決めてハナを試した後に、上手く手控えて内に潜ったのが大きくプラスに作用した。

序盤、かなり前を伺う気配を見せていたけど、内からトーセンレーヴとアストラエンブレムが来た事により作戦を変更したのか、手綱を引いてある程度控える競馬に。あそこでアストラに付き合って前に張り出していたら、終い厳しかったと思うよ。

推した後に手綱を引かれて若干掛かる雰囲気が出ていたけど、馬はよく我慢して指示を受け入れていた。

3~4角は二頭分外にいたアストラエンブレムを、内にいた周回差を利用してスムーズ抜いてかなり良い形で直線に入れたいた。パトロールビデオを見ると分かるけど、今日は殆どの馬が内をガッポリ空けて走っていた。その分、4角は広く使えて、いつでも出てこれる形勢に持ち込めていた。

前が捌けていた分、直線は自分のタイミングで脚が使えたのも良かった。

経済的な競馬が出来ていたのと、追い切りで目一杯に仕上げていたのが勝因じゃないかな。

これだけ良い競馬をして突き抜けがイマイチなので、評価は前進せず。

会心の騎乗だったと思うよ。重賞でまたこれだけの走りを期待出来るかというと、どうかな。



アストラエンブレム 2着

レース前評価:終いちょっと追われているだけでグンっと伸びており、余力は十分感じさせてくれる内容だった。楽しみ。

序盤から果敢に出して行って、掛かってしまったのが痛かった。追い切りの記事にも書いたけど、この馬は気性が悪くて道中スムーズに行きづらい。それが今回も出てしまったという感じだね。

せめてトーセンレーヴが競り合って来なければ・・・。

結果的にだけど、ちょっとスタート直後推し過ぎた感は否めないね。適当な所で手綱を抑えて折り合いを付ける方に意識を向けた方が良かったのかも。・・・勿論、この馬の場合、馬群の中で掛かる可能性があるので「たられば」言っても仕方がないけど。

4角で勝ち馬にスムーズに回られて、アストラは少しロスを被ったのも最後に響いた。最後までムチに反応して脚勢が増していたから、伸びてはいたんだろうけど、もっと体力が残っていればまた違ったハズ。

自身は掛かった上に、勝ち馬に絶好の競馬をされての2着だから、地力は当前評価・・・なんだけど、この馬は毎度毎度掛かるので、むしろこの馬としてはベストな競馬をした方。

今後もこういう気難しい面と付き合う事になるのはここでも確認できた。

好きな馬だけど、これだけ毎回折り合いを欠くとなると評価を見直さざるを得ないね。

ムチに対して尻尾を振って拒絶しており、要所で頼もしくない所も引き続き見られた。

G3で再度。



マイネルハニー   3着

レース前評価:ペース配分が上手く行けば上位もあり得る。特注で単穴を期待。

比較的スムーズに先頭に立てたから、「これは自分の競馬に持ち込めるな」と思った。

上手く運んだレースになったと思う。ただ、出来ればもっとスローに落とせれば、というのはあったけど。

ただmアストラエンブレム、トーセンレーヴら後続にアオられて馬の方が加速してしまった所は感じたね。柴田騎手が特に推してなくても、アストラ等が詰めて来ると前に言ってしまうんだよね。

ここで我慢させられず、そのまま行かせてペースを下げられない気性なのであれば、これも実力の内と言う事だろう。

トータルで見て、自分のカタを作ってよく頑張ったと思う。

展開に注文がつく馬だけど、スムーズに行けば侮れないよ。

今後も重賞で穴候補として存在感を示してくれそうだね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)








コメント

  1. 匿名 より:

    タイセイサミットは外枠、若干後手を踏んだのが響いたかな
    クラリティスカイは出遅れ・・・
    デンコウアンジュは、前半スローでもL5Fからペースが上がって
    L3F最速になるようなレースでは良さが出なかったのか
    瞬間的な脚は凄いと思うけど、マキシマムドパリのような
    長く良い脚を使うという感じではないし