アクセスランキング 【函館SS2017】回顧 元馬術選手のコラム
   

 ブログ応援ボタン クリックするとアラシが少し元気になります。オラに元気を分けてくれでござるよ

     

【函館SS2017】回顧 元馬術選手のコラム

函館スプリントステークス2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ

ジューヌエコール  1着

レース前評価:追い切りで落ち着いているとレースでも落ち着いている事が多く縁起が良い。期待。

今日はかなり落ち着いて運べていた。本当にどういうワケか追い切りで落ち着いているとレースでも落ち着くね。掛かる追い切りの時だとレースでも掛かるんだけど。

抑え付けられない1200mはやはり合っている印象。いつもは鞍上が絞り気味に道中運んで行くんだけど、今日はほぼフリーハンドで巡航ペースで走らせられていた。

シュウジとセイウンコウセイがかなりのハイペースで飛ばして、それについて行かなかったのも一点、注目だね。位置関係的には馬のテンション次第で付いて行ってしまってもおかしくない状況だった。確り聞き分けられる良い精神状態だったと言う事だと思う。

前二頭が飛ばしてくれたお陰で、4角も隊列が伸び切ってスムーズに出せる状況だった。

道中の温存が確り出来た分、終いが弾けたレースになった感じだね。

折り合いさえつけばこれ位やれる馬だと思う。折り合ったり、掛かったりのレースを繰り返しているんで、テンションには気をつけて見定めたい馬だね。

斤量の恩恵はあったと思うけど、54キロ背負っていても勝ててたんでないかい?




セイウンコウセイ  4着

レース前評価:休み明けになるし、ここを叩いてピリッとしてきてからじゃないかな。4番手警戒。

シュウジが作ったかなりのハイペースに付き合ってしまった分、終いで止まってしまった。

勝ち馬はシュウジに合せず手控えていたし、判断の差、我慢が利くかどうかの馬の性質の差が出た一戦だったと思う。4角の動き出しもちょっと早かったかもね。それと、勝ち馬に狙われる位置関係だったのもビハインド。

追い切りで目立つ動きをしていなかったけど、あのハイペースで前競馬になって、よく4着まで粘ったと思う。

一度叩いて気も入っただろうし、次走での復活が楽しみ。




シュウジ      10着

レース前評価:気性が荒く、かなりハマるハマらないの影響を受けやすいタイプで信用が難しい。

序盤から117-10.1-10.4-11.0秒の800m通過43.2秒という、超ハイペースで逃げてしまったのが裏目というか、運のツキ。例年早くて800m44秒台半ば、普通にいくと45秒くらいになるレースなので、平年より2秒近く速い。

これでは持たないと言う事だね。

当然、もっと遅いペースなら・・・と言う話にはなるけど、今まで何度も書いている通り、気性の荒い馬で手綱を引いて言う事を聞いてペースダウンしてくれる馬ではない。逆にハミを取り返して掛かる恐れの方が強かったのでは、と思う。

武騎手としても気分よく行かせてリードを拡げておけば、下手に抑えて折り合いを欠くよりも勝算があると踏んだんじゃないかな。

この馬らしい競馬で、武騎手もこの馬の競馬をさせてあげたと言う感じじゃないかな。

地力はある馬だから引き続き重賞でも行けると思う。ハマればね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。