★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【宝塚記念2017】最終追い切り所見 キタサンブラック等 1/2 元馬術選手のコラム

この記事で取り上げる馬:キタサンブラック、クラリティシチー、ゴールドアクター、サトノクラウン、シャケトラ、シュヴァルグラン

宝塚記念2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/2 byアラシ



キタサンブラック

栗東 CW 不良 水曜日  併せ 馬なり

6F82.4 5F67.3 4F54.0 3F40.8 1F12.2

春天は実質的な逃げの手に落として、完璧なペース配分で道中を運び、見事にG1連勝を果たした。ただ、直ぐにコーナーに入る京都3200mで3番枠に入ってスンナリ先手の手合いを作れた恩恵はあったと思う。もし、大外枠だったらここまで完璧な勝ち方はできなったと思う。

春天特有の内が保全されている馬場状態もこの馬に味方していたよ。それと後ろのゴチャつきが少ない少頭数の今回は相対的にワリを喰っている所もありそう。

追い切りは馬なりで好時計も、いつもよりは手応えに物足りなさは感じたよ。

ちょっと追って、肩ムチも入ったからね。いつものキタサンならここまで促されなくてもこれ位の時計はマークできるハズ。

どちらかと言うとノッペリした走り方をする馬だから、フォーム的には重馬場は苦手としそう。真面目な馬で多少走りづらくてもヤメはしないだろうから、メンタル面では重馬場を苦にするタイプではないと思う。トータルで見て少し渋った馬場はビハインドが出そう。

期待。




クラリティシチー

美浦 南W 良  水曜日  併せ 強め

4F51.4 3F37.1 1F12.6

ムチを振って目一杯に追われてこのタイムではG1では無理。

ゴールドアクター

美浦 南W 良  水曜日  併せ 強め

6F82.0 5F66.6 4F52.0 3F39.0 1F13.0

春天ではゲート内でソワついている時にスタートが切られてしまい出遅れ。それでも7着まで巻き返してはいるから侮れない所はある。

ゲート前の輪ノリで横歩きしながらテクを使って入れたのが失敗だったかな?と個人的には思っている。結果的にだけど、じっくりゲートを見させて観念させてから入れる方が、発馬機内の中立は安定したと思う。

とにかく折り合いが大事な馬で、上手く運べれば強いけど、掛かると大して強くない。

追い切りは一週前に引き続き、この馬にしてはリラックスしており雰囲気は良い方。欲を言えばもっと手綱に遊びがあれば。有馬記念を勝った時のような動きには程遠い事には変りはないよ。

馬がキレている状態であれば、重馬場は恐らくマイナスになるハズ。何かと不愉快な状態で悪い馬場を走らせようとしても聞いてはくれないだろう。落ち着いているかどうかじゃないかな。



サトノクラウン

美浦 南W 良 水曜日  単 強め

5F70.1 4F55.0 3F40.2 1F13.1

大阪杯は序盤から積極策で体力を消耗覚悟で出して行った結果、キタサンブラックの後ろを取り損ねて後方に追いやられる、裏目に出る競馬に。

この分、最後まで伸びきれなかった印象なので、仕切りなおして上位狙いは十分に可能だと思う。気性が荒くて乗り難しい所があるけど、それだけに13頭立ては相対的にプラス。

追い切りは一週前に引き続き、掛かる雰囲気は見られた。状態としては不十分さがあるんじゃないかな。

掛かっているワリに前進気勢も今ひとつなんだよな。

ゴールドアクターと同じく、気難しい状態で悪い馬場に進入するとヤメられる恐れがある。重馬場はマイナス視だね。

シャケトラ

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F87.7 5F71.2 4F56.1 3F41.1 1F11.9

春天では出遅れてしまい、そこから位置を上げてリカバリした所で掛かってしまい9着。スムーズな運びになっていればもっとやれたと思うし、それだけに2200mへの短縮は妙味があると思う。

日経賞で強い勝ち方をしている通り、能力は相当なものを持っていてキタサンブラックにも太刀打ち出来る馬だと思う。

折り合い、ゲートと不安があるのは事実だけど、走りのポテンシャルは相当なもの。巻き返しは十分期待出来ると思う。

追い切りは折り合いを重視して、僚馬2頭に胸を借りる形に。3頭併せの真ん中から抜きに行って、最後は外の僚馬に併せてもらい併入に。レースで練習の成果が出れば良いけど、どこまで進歩があるか。こういう調教をしている事自体、「レースで掛かります」と言っているようなものだからね。

ただ、一週前にバッチリ動いているので仕上がり面の心配はなし。今回も抑えてしまい11.9秒だしやはりスピードは信頼出来るよ。

重馬場は精神的には安全でないけど、シャッとした素早い脚の運びをするんでフィジカル的には負担は被らなそう。

ここでG1制覇を。楽しみ。

シュヴァルグラン

栗東 坂路 不良 水曜日 併せ 強め

4F56.2   3F41.0 2F27.1 1F13.4

折り合いに非の打ち所がなく、道中の消耗が少ない分、確実に終いで脚を使ってくる。逆に言うとハマって大駆けする事は少ないタイプ。自分なりのベストは尽くしてくれると思うよ。折り合いを誇るだけに、2200mは相対的にマイナスだと思う。

春天は先手からキタサンをマークして勝負所で並びに行くも、少し仕掛けただけのキタサンに突き放されてしまっており、能力差は感じた。

追い切りは流石に馬場の坂路とあって時計も掛かったけど、登坂姿勢を見る限り、フォームも崩れていないし前進気勢も十分。ムチを最後に振られていたあたり、本当はもう一伸び欲しいんだろう。

冷静で気力のある馬なんで、重馬場はそれほど問題ないハズ。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)








コメント

  1. 金沢よりアラシさんへ より:

    いつも楽しく学ばせてもらってます。重馬場についての予想も勉強になりました!
    サトノクラウンは重馬場に強いのでは?と驚きました。馬場状態が馬に与える精神状態をも予想するのは、さすがアラシさんだと思いました!
    ちなみに質問ですが、一般的に馬場が荒れたら逃げ馬・先行馬・差し馬のどれが有利に働きますか?(初歩的な質問ですみません)走るコースによって変わるかも知れませんが教えて欲しいです。