★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【宝塚記念2017】回顧 2/2 キタサンブラックの敗因は?? 元馬術選手のコラム

宝塚記念2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ
某巨大組織の通販サイト「ターフィー通販クラブ」


キタサンブラック 9着

レース前評価:トータルで見て少し渋った馬場はビハインドが出ると感じるし、追い切りも今まで程動いていないが、期待。

大敗の一番の原因は折り合いを欠いてしまった事だと思う。

武騎手の拳の位置が、この馬で今まで見た事がない位、終始高い位置にあったし、武騎手の背中も若干後傾するくらいだった。今まで、時折、減速指示を出す所が見受けられた馬だけど、ここまで長い時間抑えられているのは始めた見たよ。

掛かったのは序盤、1角進入時のシャケトラとの兼ね合いが影響したのかな・・・。外枠出なければもっとスンナリ行けたのもあると思うし・・・。

向こう正面でも武騎手がハミを何度か入れ替えようとして、左右の拳を調節していたけど、なかなか効果も無かった見たい。

結構なハイペースになってしまったし、400m前から動くなど、恩恵となる部分が全く無い競馬だったのも響いたと思う。

直線ラスト200mで完全に脚勢を無くしてしまったし、今日は良い所が無かった。

馬場の影響以前の問題だと思う。これが良馬場なら何とかなったと言われるとそうは思わない。

今まで、内枠からスンナリ先手を取って折り合って運んで、終いの余力をタップリ残す、展開を味方につける競馬ができていて、その分、本来持っている実力以上に強さが際立っていた所があるのは、追い切りで指摘した通り否めないと思う。



シャケトラ  4着

レース前評価:ゲートと不安があるのは事実だけど、走りのポテンシャルは相当なもの。ここでG1制覇を。楽しみ。

ゲートを出た直後から馬が加速してしまって、結構な脚勢になっていた。流石のルメール騎手も御し切れなかった。

結構消耗するスピードで走っていたと思うよ。

キタサンブラックが600mの所で絡んできて、早めに脚を使うハメになったのも向かなかった。

それでも直線、体力が尽きるまでは「おッ?」と思うような脚色だったし、確りタメが作れれば絶対にもっとやれる。

折り合いが何かとネックになってしまうけど、能力は高水準。

秋に向けて折り合いの進歩を期待。控えられれば、今回だってかなり違ったと思うよ。



レインボーライン 5着

レース前評価:タメが確り効くんで、重馬場で必要以上に消耗する事はないと思う。4番手で警戒。

最後方待機から向こう正面で動いて、4角ではキタサンブラックに勝負を挑める態勢にまで持ち込めている。勝負師の岩田騎手らしい騎乗をしていたと思う。

ハイペースで後方からかなり動いた分、さすがに終いは止まってしまったけど、キタサンを負かすつもりなら、至極妥当な積極策だと思う。

タメに徹して直線一気に追えば弾けただろうけど、それでは(結局止まったけど)キタサンを捉えきれない公算が強かった。

負けはしたけど、良い競馬、力のある所を見せていたと思うよ。

ただ、最近折り合いに難が出てきたかね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)








コメント

  1. 成田底辺道 より:

    しきりに顔を左(馬から見て)に向けてましたがややかかり気味だったんでしょうね
    それとも内ラチ沿いで走るのが得意で馬が右側に居るのが苦手(?)とかそんな性癖でもあったりするんでしょうかねぇ
    (右目が見えない馬でそういうのは居ましたが)

  2. ホワイトデビル より:

    キタサンがこんなに掛かってしまったのは、初めてみましたね。武さんの拳がいつもより上で抑えてるのがよく分かりました。凱旋門賞断念は残念です。

  3. keiba folder より:

    宝塚記念の意義について問われるレースになった感がある。
    大阪杯→天皇賞春→宝塚と3つ使うだけでもしんどいのに、
    3つともきっちり仕上げて、かつ極限の勝負に挑むのには無理がありすぎる。
    かといってファン投票で1位に選ばれた以上は、宝塚にでないわけにもいかない。
    キタサンが出ない10頭立てのレースになったら想像するだけでゾッとする。

    そこのジレンマというか相反する事情が、日本総大将の凱旋門賞出走を台無しにしてしまったことが残念。
    海外馬券だ、凱旋門だとアピールするんだったら、G1の数をしぼって出走馬の体力を温存させるとかしないと半永久的に凱旋門賞勝てないぞ。

  4. HK技研 より:

    いつもありがとうございます。
    レースをテレビ中継で見ていた時、キタサンブラックのスタート後の行き足の鈍さに違和感を感じて、「今日は駄目かも」と思って見ていたらあんな結果になってしまいました。それで改めて宝塚記念の動画を見返しました。成田底辺道さんの言われる通り、スタート後武騎手が内に運ぼうとしているのに、キタサンブラックが首を左に傾けてそれを拒絶している感じでした。今後のレースで、キタサンブラックメンタルが競走に飽きてないといのですが・・・。
    大阪杯、天皇賞春、宝塚記念、自分が唯一ライブ映像で見たのが宝塚記念だったので、キタサンブラックにとって災いしてしまったのかも・・・。応援していた身としては辛いです。
    今年の凱旋門賞、シャンティイ競馬場かどうかまだ決まってないようですが、馬場がキタサンブラックには向かないと思うので、遠征断念で良かったのではないかとは思います。それこそ折り合いの問題はあるとは言え、ダイヤモンドよりクラウンの方が馬場適正はあるように思います。