★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【ラジオNIKKEI賞2017】展望 1/2 元馬術選手のコラム

この記事で取り上げる馬:ウインガナドル、エスティーム、クリアザトラック、グランドボヌール、サトノクロニクル、セダブリランテス、ニシノアップルパイ

ラジオNIKKEI賞2017の展望。1/2 byアラシ

※水曜日は仕事で遅くなる可能性が高いため、追い切り所見の投稿が遅れる可能性があり、先行して過去走の所見部分のみを投稿します。




ウインガナドル

スタートが速い時があり、スムーズに逃げの手に持ち込めば持ち味を発揮するみたい。粘れる所はまずまずあるので、枠や他馬との兼ね合いも見ながら検討したい馬だね。

エスティーム

若干ハミを噛む所がある以外は、至ってまともなレース運びをしていると思う。

ペースの割りに弾けないんで、やはりそこそこの馬という評価にはなるとは思うけどね。

クリアザトラック

折り合いはまず期待出来ない。その分、コーナー4つで直線も短いこのコースは相対的に合っている度合いは高いと思う。逃げ馬なので開幕週なのも心強い。

ゲートが開いたらそのままどんどん行ってしまうからね。そのまま気分良く行けるかどうかじゃないかな。




グランドボヌール

発馬は出るね。上手い方だよ。ちょっと内に重心がよるみたい。

時計を全く持っていない馬で、かなり遅い。未勝利ならともかく既勝馬相手ではかなり厳しいと思うよ。

サトノクロニクル

京都新聞杯2着、白百合S1着なれば、ここはどう考えても主役。京都新聞杯は直線でやや塞がったりと細かい不利が累積しての2着、白百合Sを僅差の1着も、前残りの流れから何とか前を捉えており、評価には値する内容。

スタートや切れ味に今ひとつな感じを受けるけど、このメンバー相手ならそれも気にならない。

セダブリランテス

ダートの新馬~早苗賞(芝500万下 1800m)と連勝しており、底は見えておらず面白みがある。早苗賞はムチを一回も使わず追うだけで制しており、好感度は高い。

ゲートも普通で、折り合いもあまり問題はない。少し反応が鈍いのかな?と思う程度だね。




ニシノアップルパイ

プリンシパルS5着からの挑戦。結構な脚を長く使えるタイプで、先手を取る競馬も得意。このコースは合っていそう。

メンバー的にみても力量上位だろうし、ハマれば勝機も十分あると思う。


同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)