★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【CBC賞2017】最終追い切り所見 メラグラーナ等 3/3 元馬術選手のコラム

トーセンデューク、ナリタスーパーワン、メイソンジュニア、メラグラーナ、ラインスピリット、ラヴァーズポイント




CBC賞2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。3/3 byアラシ

トーセンデューク

栗東 CW やや重 水曜日  単 馬なり

4F53.5 3F38.0 1F12.0

京王杯SCの8着、トリトンSの1着ともイン突きが奏功している部分があり、地力面での評価はあまり出来ない。

それと、前走の追い切りとレースでも感じたけど、何かに驚いて気が散る所があるね。今回もそうだけど、他馬のいない時間に追っているし、多少以上そういう所はあるんだろう。

追い切りは掛かり気味だったけど、1200m戦ならこの位ヒートアップしていても全く気にならない。動きそのものは決して悪くないよ。ハミもキチンと取っている。

ナリタスーパーワン

※追い切り映像はなし

スタートがちょっと下手なくらいの馬なんだけど、前走は大きく出遅れて大敗。

さすがに前走ほど不甲斐ない所はみせてこないと思うので、一つでも上を狙えれば。



メイソンジュニア

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 強め

4F53.0   3F38.3 2F24.8 1F12.3

NZTは最内回りの恩恵ありきで2着、ファルコンSも似たようなモン。強いとは思えないけどな。普通のコース取りしていたら伸びていないと思うよ。それくらい、過去2走は良い所を通っている。

追い切りは内へ次第に入り込んでいくのと、前脚の振り出しがフワッとしているのが気になったね。

メラグラーナ

栗東 坂路 やや重 水曜日 併せ 強め

4F53.5   3F37.6 2F24.7 1F12.3

オーシャンS、ラピスラズリSとも強烈な末脚を繰り出して、他馬を一蹴。高松宮記念は不良馬場で大外回して、インを走った馬に上位を持っていかれたものなので、殆ど気にしていない。末脚殺しの馬場状態だったし、ここは十分立て直しが期待出来ると思う。

1番人気に支持されるのは当然納得いく。馬っぷりの良い馬だよ。

追い切りを見る限り、どうも右手前の時の前脚の捌きが硬く、左手前に替えてから鋭く伸びている。左は多少割引きかも知れないね。

自分から手前を替えて良く動いているし、状態面に問題はないと思うよ。気持ちの面からみても1200mで十分張り合える気迫を養えている。

楽しみ。




ラインスピリット

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 馬なり

4F55.8   3F40.1 2F25.3 1F12.4

高松宮記念は果敢に逃げを打ったけど、脚の消耗が激しい馬場状態でせっついたのが災いしてか、終いあっさり止まっての13着。シルクロードSはインで追い出しを待たされて味のある5着だし、展開さえハマればG3なら見せ場をつくれるかも・・・。

高松宮記念以来の出走だけど、最終追い切りは控えたね。気迫はあまり感じなかったし、ここは叩く所という事なのかも。

ラヴァーズポイント

※追い切り映像はなし

前に行く馬だけど、ここ2戦外枠からの先手競馬を強いられて展開にハジかれているのは感じるね。ただ、大して先行力もないし、4角で既に脚が一杯になっているので、巧く運んでも知れていると思うけどね。

以上、楽しみなのはメラグラーナ、2番手はシャイニングレイ、3番手はティーハーフ、4番手にアクティヴミノル、特注はタイムトリップだね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)