★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【帝王賞2017】JRA所属馬 出走各馬所見 元馬術選手のコラム

この記事で取り上げる馬:アウォーディー、ケイティブレイブ、アポロケンタッキー、オールブランシュ、クリソライト、ゴールドドリーム、サウンドトゥルー

帝王賞2017のJRA所属馬の所見。地方馬はよくわからないので、某巨大組織の所属馬について書くよ。 byアラシ





アウォーディー

ドバイワールドカップ5着からの参戦。多少間隔が空いているけど、追って気乗りするタイプでもなさそうなんで、ほぼ問題ないと思う。

能力は高水準にあるけど、ムチを使われてからの加速が非常に浅かったり、並ばれても直ぐに相手に譲ってしまったりと、要所で決めてくれる気迫が足りない。接戦に持ち込まれると脆いと思うよ。

ブリンカーを装着してレースに臨んでいた事もあるけど、恐らく他馬の接近を少しでも察知させないために付けていたハズ。

上位はあると思うけど決め切るとなると、どうか。

2番手評価だね。




ケイティブレイブ

平安Sで5着からの挑戦。

外枠から果敢に前に行っても内に入れず、かつ勢いよく出した分で道中掛かる、更に、4角で勝ち馬に早めに絡まれるという、ハイリスク・ハイリターンのリスクをモロに被る競馬。

ハマればもっとやれていたし、割りませる所は多いよ。

3番手評価。

アポロケンタッキー

ドバイWCで9着。

重種と見紛うほどの強大な馬格を誇る馬で、広いコース+深い馬場の大井は絶好の舞台だと思っている。

ドバイみたいにスピード勝負のダートコースでは持ち味が発揮できない馬。言ってみれば、カーレースにラリーカーが出場していたようなモンだから。

この馬のパワーを持ってすれば、大井のダート馬場もえぐり取るようにグリップして走れるハズ。強い扶助を行う内田博騎手との手合いも良い。

ここは面白いと思うよ。1着を期待。

オールブラッシュ

名古屋大賞典5着。今年の川崎記念を勝っている。

川崎記念は好発馬を決めて逃げの手に持ち込んで凌ぎ切ったもの。本来ここまで良いスタートを切る事は少ない馬なので、フロック視している。

名古屋大賞典では逃げに持ち込めず、凡走しているしここはどうかな。

クリソライト

ダート路線における歴戦の猛者。

気性的に馬群に入れられないので、ストレスの掛からない位置で競馬をするのが肝要。前走の平安Sでは武騎手の大胆な後方待機策から見事な脚を繰り出し、新進気鋭グレイトパールの2着と善戦。ただ、地方で後方待機はハマらないから、今回は前に来るだろうね。

ペースが落ち着けば、この馬にも上位のチャンスはあるハズ。

4番手評価。




ゴールドドリーム

フェブラリーS勝利後、ドバイワールドカップに遠征し14着大敗。

ドバイはまずまともに運んだ方だと思うけど、直線アッサリ失速してしまったね。フェブラリーで早めに動いて、外めを回って力強く押し切ったから見込んでいたんけど・・・。

出遅れる事が多々ある馬なので、先手有利が顕著な地方ではマイナス視。

サウンドトゥルー

フェブラリーSでは直線で若干狭いのが災いしたのか、抜けて来れず8着敗退。

後方から末脚勝負を挑んでくるダートのスピード自慢で、切れ味が減殺される大井はマイナス材料が多い。

中央なら要注意だけど、地方ではあまり検討したくはないね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)