★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

2017年7月1日・2日、新馬ピックアップ トロワゼトワル、タイセイプライド他 元馬術選手のコラム 

7月1日・2日の新馬をピックアップしていきます。 Byアラシ




トロワゼトワル 牝2 7月2日 中京5R新馬戦※牝馬限定 1600m 1着

レース前評価:僚馬に寄せられて怯む所を見せるなど、まだまだ。実戦を経験させて上積みを。

ゲートはまず上手く出た。そのまま先団に行って内に入れた時に、他馬を毛嫌いする素振りは見せた。この辺は多分解消されてくるんじゃないかな。問題視する程ではないよ。

直線は後続が目一杯になる中、能力の違いを見せ付けて4着以下を1.3秒も引き離しているのだから大したもの。

ただ、ムチの反応が過敏なのは気になったね。この辺は2着馬と引き比べてみると良いよ。

一発お尻にムチいれた後に、馬がワァッとなって一気に走ってしまっている。これだけムチに反応しすぎると連打するとヨレてしまう恐れもあるからね。福永騎手も察してか、十分な見せムチを行って予告をしてからムチを入れていた。

一発使われてからは福永騎手の右手でフラフラしているムチを終始気にしていた感じ。

総論として能力的に高水準にあるも、メンタル面に課題アリだね。もっとどっしりしてくれば更にやれると思うよ。



タイセイプライド 牡2 7月2日 中京6R新馬戦 1400m 1着

レース前評価:前進気勢も豊富だし、クビの使い方も出来ているし、概ね好いた感じの動きき。追い切り速いが、整地後である事を考慮すべき。初戦から動けそう。

502㎏と大柄だけど、初戦からかなり動けていた。その分、折り合いが大変そうだったけど、今日道中で確り我慢させた事で、次以降良化してくると良いだけど・・・。

それとちょっとゲート内の駐立に落ち着かない所がある。この辺はまず様子見だろう。

4角で内の馬にちょっと接触されたけど、コンディションに目に見えるほどの変化は無し。気が小さいタイプではない感じだね。

メンバーの時計が遅かったように感じる所もあるけど、持ったまま3馬身1/2引き離して勝つんだから強いね。

折り合いの進展を期待。1600mの牝馬限定をパスして1400mの混合戦を使ったあたり、長めに関しては多少消極的なのかも。



レーツェル 牝2 7月2日 福島5R新馬戦 1800m 1着

まずまずのスタートからハナに立ち、そのまま逃げ切り勝ち。

内の何が気になるのか分からないけど、レース全般、外に逃避気味に運んでいた。鞍上が御せる程度であるとは言え、やはりロスの元になるからあまり良くないとは思う。

1800mで手綱を引き気味に乗られていたけど、特に気を悪くするでもなく指示に従っていた。折り合いはかなりつきそうな馬という印象を持ったよ。

ちょっとワンパンチ足りない印象はあるね。

実戦消化で外逃避が今後解消されてくれば更に前進アリ。左の方が良いかも分からないね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




コメント

  1. 匿名 より:

    タイセイプライドは牡ですよ(笑)