★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【プロキオンステークス2017】回顧 元馬術選手のコラム

プロキオンS2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ




キングズガード 1着

レース前評価:左周りだと内にキレ込む強い癖が出る。評価は右回りに比べて大きく下がる。

12番枠から下げて最内に進路を取った藤岡騎手の判断が大きくハマッた一戦になった。馬も末脚を持っているだけに、道中上手く溜めて直線で脚を爆発させる事を意識して乗ったんじゃないかな。

根岸S、フェブラリーSと、左回りでは直線で内に切れ込む所を強く見せていたんだけど、今回はそういう所は少ししか見せておらず、ほぼ普通に追えていた。この辺のクセは矯正されてきているのかもしれないね。

直線、馬群を捌く時にベストマッチョとの兼ね合いがあったけど、個人的な見立てではスペースはギリギリ確保出来ていたと感じるので、セーフだと考えている。

今日の勝利は、最内でハイリスク・ハイリターンの騎乗をして上手くハマったもので、今後もこういうレースが出来る保証はドコにもない。今日の勝利は割引が必要だと思う。

カフジテイク、ブライトラインが比較的早めに動いて脚を使ったのと、最内でタメて直線一気に追う競馬が出来たこの馬とのロス差は、どうしても見込まないと行けないと思う。

今後もダートの重賞戦線で期待。




カフジテイク 2着

レース前評価:かなり不器用で展開の有利不利をカブりやすいが、追い切りは高評価。

珍しく普通に発馬した。出遅れが当たり前の馬なんで、かなり意外だったね。これも次を見てみないと何ともだけど、改善してきているようであれば今後更に面白い。

勝ち馬に比べて若干早めに動いた分、終いで差が出てしまった印象。でも勝ち馬はこの上ない競馬で十分にタメてから追える状況にあったので、今回は勝ち馬が上手く展開を味方につけられたのかな、と言う感じだね。この馬もほぼ最適なタイミングで追い出せている。

総じて良い競馬をしたんじゃないかな。追い出してから加速を開始するまでの間が引き続き課題だけど、発馬が決まる等、進歩を伺わせる内容になっている。

ダートG1でまた見てみたい馬だね。



ブライトライン 3着

レース前評価:前走は詰まった分で、度外視。追い切りは高評価。

前走は、直線で詰まっていた上に、近走は頑張っている内容のレースが多いので、ここは注目していた。

歴戦の古馬だけあって、道中の折り合いは十分つくし、他馬との兼ね合いもあまり心配ない。

レース中、少し早く動いていた所はある。終いで脚勢が陰っていたし、結果的にはもっとタメて競馬をした方が面白かったと言う事だと思う。これまでのレースを見る限り、タメて一気に追う競馬もまだまだ出来そうだったからね。ま、こればかりは手応えを見比べて鞍上が判断する事だから、尊重するだけだね。

今後も重賞路線で味を出してくれれば。ロスのあるコース取りでよく頑張ったと思うよ。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)