アクセスランキング 【函館記念2017】回顧 サトノアレスの今後は 元馬術選手のコラム
   

 ブログ応援ボタン クリックするとアラシが少し元気になります。オラに元気を分けてくれでござるよ

     

【函館記念2017】回顧 サトノアレスの今後は 元馬術選手のコラム

函館記念2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ




ルミナスウォリアー 1着

レース前評価:脚も良いものを持っていると思う。G3のペースなら実力を発揮してくれるハズ。追い切りで折り合いを欠いていた点は気がかり。

ここでは力が違った。AJCC大外ブン回して4着になった所から見込んでいた馬で、個人的には今回の勝ちは十分納得している。

終始、外を通って(まぁ、馬場の関係から内を通るのもリスクだっただろうけど)ロスをかぶりながら、4角途中で動いて最後まで後続を突き放す競馬。メンバーとは力の違う内容だったよ。

4角、早めに動いたけど、この手応えならもう3馬身後ろにいても直線差し届いたハズ。

ただ、今日の走りが目一杯だと思う。

これ以上やるとなると、展開にも助けて貰わないといけないだろうし、秋の主軸になるかどうかは正直微妙。

ただ、ステファノスみたいにかなり手堅い馬なので、大きいレースの脇役として十分に競馬を盛り上げてくれる存在ではあるハズ。

今後も活躍を。




タマモベストプレイ 2着

レース前評価:阪神大賞典でちょっとハミを噛む所も見られたし、短縮は問題ないのかも知れない。これまでこの馬の追い切りを見た中では一番の動き。

外枠から一気に出して行って、前目の内側に潜り込んだのが奏功した。吉田隼人騎手の穴騎乗が上手くマッチした感じだね。

かなり強めに出して行ったんで、折り合いがどうなるかと思ったけど、さすがに長距離のベテランだけあって折り合いはつく。推して追走するようなズブさもなく、全く問題のない運びをしていたよ。

終始ロスのない形で回ったけど、最後の直線で外に進路を取った分、アクセルを踏むのが勝ち馬に遅れてしまった。

ここは結果論だけど、内で待っていればマイネルミラノがバテて空いたスペースから一気に抜けてくる事も可能だったという点がある。変な話、14番人気の馬に岩田騎手や横山典騎手が騎乗していれば、あのまま外に出さずに一撃必殺狙いで内を狙い続けた可能性もあると思う。

たられば論で比べるのは行けないんだろうけど、穴馬で1着を掠め取る騎手と、善戦まで堅実に持ち込む騎手とでは乗り方に差があるな、と思った騎乗ではあった。

今回は結構展開がハマった所もあるし、追い切りも良く動いていた分とで、フロック感はあるのが正直な所。次走以降も慎重に検討したいね。



サトノアレス 6着

レース前評価:良くも悪くも普段通りと言う事だと思う。上位に来るかは微妙と判断。馬っぷりが良いワケではない。

35.8秒の2番上がりを使っており、良く伸びている。内容的に見劣るところは無いよ。個人的な評価は平行線(つまりG2上位はあるかな~のレベル)

1枠1番で外に出られず、函館重賞でよくある「多頭数の4角」でゴチャツキを払い切れなかったのが痛い。ルメール騎手も4角でツクバアズマオーにチャージをかけながら進路を上手く確保していたけど、前が頑張ってしまうレースで完全に追い遅れて、函館の短い直線で巻き返しも利かず6着と完敗。

これも結果論だけど、直線、内は案外ガラ空きになったから、外に出さなければ圏内もあり得たかも。ま、人気馬であれだけ混む4角になったら外に出す方向で判断するだろうから、これは致し方なしだね。実際外への出し方はとても上手くて、見事だと思ったよ。

今後も重賞戦線で期待。ローカル重賞なら取れると思う。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。