★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【レパードステークス2017】レース回顧 エピカリスの敗因は 元馬術選手のコラム

レパードS2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ



ローズプリンスダム  1着

レース前評価:鳳凰Sは追いこまれてのハナ差と苦戦、JDDも4角一杯で強さは感じなかった。追い切りではムチで牽制が入っておりちょっとモタれる所がでるか。

近走、あまり強い所を見せていなかったんだけど、今回中々のパフォーマンスを発揮したよ。

鞍上の木幡巧也騎手も、安全に留意しつつ且つ大胆に騎乗していた。この騎乗も本当に見事だった。

内枠を利して最内をロスなく運べたのもプラスだったんだろうけど、4角で前に馬が何頭もいる状況で、外に素早く出して、一気に追った手腕は高い評価に値する内容。

勝負所、勝ちに行くのであればイン突きに掛かったエピカリスを追走するのも手だけど、外に大きなスペースが開いているのを見ると、確りと後方を確認しながら、素早く外に出せていた。

こまごました指示で馬を動かすより、明確に数少ない指示でメリハリつけて馬を動かす方が基本的にはよく動く。ライアン・ムーア騎手の騎乗でこのパターンが多いんだけど、今回はその世界の名手を彷彿とさせるような好騎乗になっていたよ。これなら、大穴を開けたのも納得と言った所だね。

終い、ちょっと内に切れ込む所があった。追い切りでも左をムチで牽制されていたし、多少そういう所が出るのかも知れないね。



エピカリス 3着

レース前評価:追われてムチを使われてから、重心が目に見えて深く下がり、踏み込みの深く柔らかいストライドで即座に伸びていく動きの良さはかなり目を引く。これはやはり楽しみ。

単勝1.5倍の圧倒的人気に支持されるも、まさかの3着敗退。

正直、ここは負けるとは思っていなかったんだけどね・・・。

敗因は見ての通り、直線詰まってしまった事。どんな名馬でも前に進路が無ければ抜けて来れないのは物理的に明白。

多分、4角で13番ノーブルサターンがムチ連打していてバテそうだったから、この馬がバテて後退したらそこを抜けてこようと言う算段があったのかも

勝ち馬と同じ進路も狙えただろうけど、こればかりはレースが終わって初めて言える結果論。

スタートも決まって、折り合いもついていた。直線で一回もムチを使えなかったし、かなり余してしまったのは明らか。

競馬だから、他馬との兼ね合いに呑まれる所だってあるよ。

能力が相当高いのは確認できた。次も断然期待。



同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)