★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

タニノフランケル、フラットレーのデビュー前所見 元馬術選手のコラム

タニノフランケル、フラットレーのデビュー戦前時点での所見を書いていきます。Byアラシ

タニノフランケル  8.12(土)新潟5R 芝 1800m

栗東  CW やや重 水曜日  併せ 馬なり

5F71.2 4F54.8 3F40.4 1F12.9

父はG1を10勝したフランケル、母はウオッカ。17冠ベビーの異名を取る注目馬。

一週前に5F68.2秒ー1F11.8秒と攻めているので、最終が71.2秒でも時計そのものに問題はない。一週前の時に3頭併せの真ん中でまったく動じていなかったのは良かったと思うよ。それなりの時計を無理なく出していて、新馬の動きとしては十分及第点。

最終追い切りは既にネットでも結構多くの声が上がっているのと同じで、決して良く見えない。

一週前と同じく3頭併せの真ん中、僚馬の鞍上がタニノフランケルと振り返って見ながら、真ん中を大きく開けていたので、その間を抜けて来させようと言う調教意図があったのは明らか。

ここで馬が進んで行かず、そのまま大きく遅れて終いの1F12.9秒。5F71.2秒と緩いので、脚は全然余っているハズで、これで伸びてこないのは好感度大幅マイナス。時計から察するに、5F70.0秒ー1F12.0秒をイメージしていたんではなかろうか。

デムーロ騎手も途中で無理強いはせず流してしまったし、相当メンタルが下がっていたのでは、と思ってしまう。何よりも、手前が替わっていないのが気になる。走る気のある馬なら、普通は直線入って促せば新馬でも手前は替えるものだけど・・・(因みに一週前は替えていた)。

結論を言うと、やはり非常に微妙に見えたよ。本番の変わり身に期待だね。少なくとも一週前は結構な走りをしており、あの走りができれば。





フラットレー  8.13(日)札幌5R 芝1800m

札幌  芝 良 水曜日  併せ 馬なり

6F83.0 5F67.0 4F52.6 3F38.9 1F12.1

近親にバウンスシャッセ。POGで大きな注目を集めている。

これは走りそう。ちょっと掛かるかもしれないけど、僚馬の後ろを追走する形式で練習を積んで、我慢の仕方自体は知っているハズ。

一週前は直線で僚馬の外に出した後、追い始めてもスイッチが中々入らなかったけど、最終ではしっかり自分からハミを取って加速している。状態面の向上が見られるのは好感度が高いね。

馬格も確りしているようだし、初戦から行けるタイプのハズ。

注目したいね。






同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする