★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【キーンランドカップ2017】最終追い切り所見  1/2 ネロ、ソルヴェイグ等 元馬術選手のコラム

イッテツ、エポワス、シュウジ、ソルヴェイグ、ナックビーナス、ネロ、ノボバカラ

キーンランドC2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/2 byアラシ



イッテツ

※追い切り映像はなし

UHB賞1着からの参戦。以前に比べて逃げへの拘りが強く、1200m戦で上手く先頭を行けるかどうかがカギ。UHB賞を逃げ切って勝っているけど、出走馬が全体的に速い上がりを使っていたし、前が止まらないのに乗じて仕留めた感じだね。

エポワス

札幌 芝  やや重  水曜日  併せ 強め

6F83.1 5F67.8 4F53.1 3F39.8 1F12.9

UHB賞を1番人気に支持されるも7着敗退。結構スタートの上手い馬で綺麗に先手が取れて堅実に走りそうなところのある馬なんだよな、函館SS(3着)とか。UHB賞は普通に先行出来ていて、コーナーの時点で前が捌けていたのに伸びなかった。ペースが落ち着いていただけにバテいたワケでもないだろうし、バテた様にも見えなかった。気持ち的に走る方向に行っていなかった感じに思えたね。普段真面目に走る分、このレースは度外して問題ないような。

追い切りは僚馬の後ろで我慢させて、直線で抜く形。とは言っても実戦ではそんなに折り合いで難を見せている馬でもない。直線で自分からタタタッと僚馬を抜くのはいかにも一本気質な短距離馬という感じで、問題はないと思う。



シュウジ

札幌 木  良  水曜日  併せ 馬なり

5F62.0 4F48.0 3F35.2 1F11.0

能力は上等だけど気性の激しい馬で、気分良く行って終い弾けるか、チグハグに運んで盛大に飛ぶかのどっちか。個人的に危険要素の多い馬で信頼しづらいと思っている。

これまで逃げを打ちに行く競馬が続いていたけど、陣営は作戦変更を示唆。その言葉通りで、今回の追い切りは僚馬2頭をコーナーで前に置き、直線で抜くという控える競馬の型を作っていた。

今までレースで飛ばしたいだけ飛ばしていた馬が急に、番手で行けるかと言われると非常に微妙。多分、スプリンターズSに向けて新しい作戦を試そうとしているんじゃないかな。賞金は持ってるからここで外しても本番は多分出れるだろうし。

こういう時は様子見が賢明だと思う。

ソルヴェイグ

札幌 芝  やや重  水曜日  単 馬なり

6F78.5 5F63.1 4F49.4 3F35.9 1F12.0

ヴィクトリアマイル5着。あのレースは内枠で抜群のスタートを切って落ち着いたペースに持ち込んで、あわや逃げ切りと言う所まで演出した。ただ気性が相応に難しい馬で、多くのレースで掛かって飛んでいる。このため直線、余力が残っていないレースも多い。

追い切りはゆったり回っていて、直線ムチを取り出されただけでピッチが上がるなど、短距離馬としての動きは十分及第点。今回のレースに関しては折り合いに進展があるかも知れないね。

ナックビーナス

函館 W やや重  水曜日  単 馬なり

5F71.1 4F54.9 3F39.7 1F12.5

高松宮記念8着以来のレース。2着だったオーシャンSは内から最後まで力強く伸びていて、高松宮記念も内で決まったレースで外からジリジリと詰めており、レースの内容は頑張っていると思える所が多い。

追い切りは時計を抑えたのと、馬場が保全されていたので何とも分からない内容だけど、少なくともかなりリラックスは出来ており、体の動きは柔らかく大きく動いているよ。



ネロ

札幌 芝 良 水曜日  単 馬なり

4F54.0 3F39.4 1F12.3

京阪杯を勝利した後、シルクロードS11着(1番人気)、アイビスSD10着(3番人気)と支持に応えられていない。気持ち的に・・・と思う所だけど、特に揉まれたりしない千直のアイビスSDでは追っても反応が無く、全く伸びなかった。上手く運べば弾けるとか以前に、レースに行く前に馬の走る・走りたくないが決まっているのかも。

追い切りは馬なりで軽くだけど、均整の取れたフォームでステップも軽く、良く見えるけどな。本番で手抜きをされないかどうかだろう。

ノボバカラ

札幌 芝 良 水曜日  単 馬なり

5F68.6 4F53.4 3F38.6 1F12.3

逃げ馬。函館SS7着。2走前の根岸Sは16着に敗れているけど、大外枠で出遅れた分もあるので、悪すぎるとまでは言い切れない部分もある・・・とは言うものの、続く函館SSでも盛大に出遅れおり、これは今回もやらかさないか心配な所。直線で2番上がりより0.4秒も速い33.5秒で走破して最後方から7着まで来ている辺り、能力はあるんだろうから、旧来得意の逃げの手が打てるかどうか。

追い切りはちょっと掛かりそうな感じはあったけど、1200mなら多分問題なし。直線で鞍上の指示がなくてもストライドを拡げていて、順調そうに見えるよ。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




コメント

  1. taka より:

    今のところいつアクセスしてもPCからアクセスできるけど
    たまたまタイミングがいいんでしょうかね