★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【紫苑ステークス2017】最終追い切り所見  1/3 サロニカ等 元馬術選手のコラム

カリビアンゴールド、カジュマル、サロニカ、シーズララバイ、シンボリジュネス、ジッパーレーン

紫苑S2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/3 byアラシ



カリビアンゴールド

美浦 坂路 重 水曜日 併せ 馬なり

4F56.0  3F41.3 2F26.2 1F12.2

かもめ島特別を2着。オークス(11着)は直線挟まれて不利っぽいのを喰らっていたけど、伸びていたワケでもないし、行けて8着くらいだったかな?オークスは折り合っていたけど、前走やこれまでのレースで折り合いを欠いているケースも結構多い。

追い切りは終い重点で占めた。時計が緩い分、追って鋭いのは当然なのでどこまで見込むか。少なくとも折り合いは問題ない感じだったよ。

カジュマル

※追い切り映像は無し

7月15日に未勝利を脱出。早仕掛けの大外回しで勝ったからメンバーでも力量が抜けていたんだろうけど、時計が2:01.1と冴えないし、勝ち方も手一杯という感じ。

まず厳しいよ。




サロニカ

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり

4F55.3 3F39.3   2F25.0 1F12.4

エルフフィンS1着。ゲートの速い馬で、レースを組み立てられるのは武器。

エルフィンSでは好スタートから楽に逃げ切り、前々走の白梅賞では牝馬で3着に食い込んでいる。このレースの勝ち馬はその後マーガレットSを勝ったオールザゴー。かなり久々の実戦になるけど、コンディションが春先と変わっていなければここはかなりやれるハズ。牝馬だから春の走りが今も出来るとは限らないけど。

追い切りを見る限り、結構歩幅が小さくチビチビとピッチ走法で走るね。そんなに前に行きたい感じを受けない所が気がかりだね。




シーズララバイ

美浦 坂路 重 水曜日 単 馬なり

4F52.4  3F38.4 2F25.3 1F13.0

スイートピーS9着。スローペースで早めにマクってファンディーナの2着に粘ったフラワーカップを除けば、経済コースを通っても大して伸びていない事が多い。あまり見込める馬ではないと思うよ。

追い切りも脚勢が急いている感じで、手応えに比べて時計が遅いね。

シンボリジュネス

※追い切り映像は無し

7月9日に未勝利を脱出。道中からマクって押切る競馬で、なかなか良い内容。今回のメンバーだとドコまでやれるかとは感じてしまう部分は大きいけど・・・。

ジッパーレーン

美浦 南W  重  水曜日  併せ 馬なり

5F69.0 4F53.5 3F39.4 1F13.1

新潟の500万下を3着。上がりの競馬で2番手で進んで、最後持ち堪えられない様ではここはどうか。

追い切りは内めを回っての5F69秒と抑えた。これで結構追って終い13.1秒では流石に遅い。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)