★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【ローズステークス2017】最終追い切り所見  3/3 リスグラシュー、レーヌミノル等 元馬術選手のコラム

メイズオブオナー、モズカッチャン、ヤマカツグレース、ラビットラン、リスグラシュー、レーヌミノル

ローズS2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。3/3 byアラシ


メイズオブオナー

※水曜日時点で追い切り映像は無し

6月に未勝利を脱出して、8月に牝馬限定500万下を9番人気で勝利。前走は一見の価値があるほどに熱くなる馬群突破一気追いの勝利だったけど、それとレースレベルは別の話。2000mを2分02.1秒では全く心もとない。

モズカッチャン

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 馬なり

4F53.4 3F39.4  2F25.8 1F12.7

オークスの2着馬。経済コースを通れて、勝負所でもソウルスターリングが早めに動いて進路が開く状況になった。実際直線もスムーズに追えるように早々になったし、展開の恩恵があった感が否めず、着順ほど評価できない。これはフローラS(1着)も然り。

追い切りは終い最低限に追う程度の殆ど馬なり状態。馬場状態の良い時間にやっていたけど、それで4F53.4ならまずまずでしょう。



ヤマカツグレース

※水曜日時点で追い切り映像は無し

クイーンS9着。オークス、クイーンSと掛かる所が出ており、ローズステークスの1800mという距離にも不安は感じる。どうしても鞍上が抑えながら乗ってしまう感じの道中が多い。直線にあまり脚が残らないね。追い切りはやたら動くんで、信頼したくなるけど、本番でリズムが作れないタイプと言った感じだよ。

ラビットラン

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 馬なり

4F53.3 3F39.1  2F25.2 1F12.5

中京の500万下1600mを勝利。52キロの軽量だったとは言え、33.0秒の上がり繰り出して直線一気を決めたのは中々のパフォーマンス。どうも馬群かキックバックかが苦手らしいね。馬群に入れると何かに怖がる素振りを見せているし、前走で追い込んだのもそういう所に配慮してなのかも。

追い切りはでも前の馬のキックバックが当たって、顔を背けて嫌な雰囲気になっていた。これだとレースでも積極的な位置取りはしないかもしれないな。前の馬が登坂を終えてキックバックがこなくなってからは鋭く走れており、その際の雰囲気は重心も低くて悪くは無い。

リスグラシュー

栗東 坂路 やや重 水曜日 併せ 馬なり

4F54.0 3F39.3  2F25.2 1F12.3

オークス5着。直線で詰まってしまい、抜けてからの脚は伸びていたんで普通に割増し評価できる。面白いよ。ただ、右回りだとモタれる癖があるので、パフォーマンスの低下は気になる。ただ、桜花賞では武騎手が直線で内からムチを叩いて問題なく直進していたし、鞍上とのコンビネーションを信頼しても良いのかも知れない。

追い切りは以前に坂路で追われている時に比べるとヘッドが上がってしまって、踏み込めていない。併せでキチンと先着しているし、体そのものは動いている様に見えるけど、変わって欲しい所があるのも事実だね。

2番手評価。




レーヌミノル

栗東 CW  やや重  水曜日  併せ 強め

6F83.2 5F66.2 4F50.8 3F37.3 1F12.3

桜花賞馬。スタートは非常に上手でJRA所属馬屈指。オークスは坂に進入する前に既に脚がアガっており距離に負けた感じ。600m短縮のここで秋華賞へメドを。

掛かったり、ひた向きになり過ぎる所はないんで、精神的には距離は持つと思うんだけど、フィジカル的に持っていない感じ。1800mも半信半疑だけど1600mは勝っているし、頑張って欲しい所。

追い切りはスピードが出過ぎてしまっているのがどうかだけど、終点の直前で併入しており、狙って出した時計なのは間違いない。これは陣営判断を尊重するしかないね。

マイルっぽい走り方で、脚勢が急いているのはどうかと思ってしまう。中距離馬だったらもっと一完歩毎に速度を上げていくもんだけど、この馬は一気に加速してピッチを維持と言う感じ。

能力は相当なのは重々分かっているけど、やはり1800mはどうだろう。

以上、1番手評価はファンディーナ、2番手評価はリスグラシュー、3番手評価はメリッサ、4番手評価はクイーンマンボ、特注期待はミスパンテールだね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)