★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【神戸新聞杯2017】最終追い切り所見  1/3  キセキ等 元馬術選手のコラム

アダムバローズ、アドマイヤウイナー、エテレインミノル、カデナ、キセキ

神戸新聞杯2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/3 byアラシ



アダムバローズ

栗東 CW  良  木曜日  単 馬なり

6F85.9 5F69.0 4F53.7 3F38.9 1F12.4

皐月賞17着。前で競馬をする馬だけど、スタートが速くなく、自分の手を作るのに時間が掛かる。レースで実力は発揮しにくい馬で、少頭数だった若駒Sや若葉Sなどの様に絡まれにくいメンバー構成じゃないと厳しいかも。

それと気性的に難しい馬なので、ピークがどうしても気になるというか・・・。

追い切りはなるべく馬に障らずやった感じだけど、それでも直線でけっこう熱が入ってしまうね。動きそのものはストライドが大きく開いていて悪くはないよ。

アドマイヤウイナー

栗東 CW  良  木曜日  併せ 馬なり

6F85.3 5F68.9 4F53.9 3F39.7 1F12.1

札幌日刊S杯3着、青葉賞3着。折り合いはバッチリつく馬だし戦歴から見ても2400mはまったく問題ないハズ。伸び脚の鋭さがイマイチなので、決め切れるかどうか。

ただ、追い切りでは僚馬の後ろで我慢させるスタイルをとっており、折り合いに不安はあるのかな?と思う内容。レースでは折り合いを欠いていない分、あまり心配はいらないとは思うけどね。

僚馬と競らせてからは気分良さそうにしているし、この馬も悪いとは思わない。

エテレインミノル

栗東 坂路 良 木曜日 単 馬なり

4F54.8  3F39.0   2F24.8 1F12.0

弥彦特別2着。春先から直線でフラつく所を見せていたけど、だいぶマシになった感じ。ただ、走法が上に突っ張る感じに変わってしまっており、前への推進力は落ちてきている印象。それほど良い馬には見えないね。

追い切りは馬場状態のよい時間帯にやっているので、4F54.8と抑えればこれくらいの終いは出るだろう。追い切りでも上ずった走り方をするようになっており、良いとは思えないね。



カデナ

栗東 坂路 良 木曜日 単 強め

4F52.3  3F38.1   2F25.2 1F12.7

日本ダービー10着。最後方から33.5秒の上がりを繰り出すも、前が止まらない展開に屈した。皐月賞も外を通るロスがあったし、能力的には全然侮れない。本来、折り合いもついて、終いも十分使える良い馬。普通の展開なら十分食い込んでくると思う。

追い切りは多少躓き加減で走っているけど、春先もそうだったので気にはしない。相変わらず重心の低いフォームで気勢を保ちながら伸びて来るのは好感だね。ただ、ゴール直前に追われなくなったら手前を右に替えてフワッとする所が出てしまい、ここは気になる。

確か、あまり手前に偏重がなかった馬だったと思ったけど、今回に関しては左手前の方が走っている。ま、神戸新聞杯は右回りだからあまり気にしなくて良いかな。




キセキ

栗東 CW  良  木曜日  併せ 強め

5F67.2 4F51.8 3F38.5 1F11.6

信濃川特別1着。前々走の500万下と続けて、強力な末脚を追う事なく発揮して古馬勢を撃破。上がり馬としてクラシック戦線に名乗りを上げてきた。毎日杯3着も粘るアルアインと、鋭く差し込むサトノアーサー相手に3着と見せており、十分注目に値する一頭。

ここ2戦スタートが今ひとつなのはどうかだけど、ここ2戦の強さが発揮できればここでも。

追い切りは僚馬の後ろでタメて直線半ばで並びかける形。それに見合って終い11.6秒と抜群の脚を発揮しており、かなり好感の持てる内容。全体時計5F67.2秒と速めの中、これだけ脚を伸ばせるのなら十分レイデオロにも太刀打ち出来る筈。


同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)