★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【神戸新聞杯2017】レース回顧 元馬術選手のコラム

神戸新聞杯2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ



レイデオロ  1着

レース前評価:折り合い良く、乗り易さも抜群。追い切りも完璧だった。

スタートから速く、スムーズに先手を取り、流れに上手く乗れた。

ダービーの時よりも少しだけ硬そうにしていたのが気になった。もっとリラックスして走れるハズなんだけど、休み明けや輸送の兼ね合いなのかな。

直線もムチ2発であっさり突き抜けて快勝。ソラを使った気配も全くと言って良い程感じなかったし、さすがダービー馬と言ったところ。

ただ、スムーズに先手が取れて、3~4角時点で完全に前がフリーだったから、かなり楽な展開にはなったのはある。この運びと展開なら実力馬なら伸びて当然という感じではあった。

次走のJCで古馬の一線級とシビアに進路を取り合うとなると、今日のようなヌルい競馬にはならないだろうから、今ひとつ今日の勝利は割引したくなるね。

JCでの活躍は期待出来るも、キタサンブラックやマカヒキ相手では当然一筋縄ではいかないのは明らか。JCは挑戦者の立場。




キセキ 2着

レース前評価:ここ2戦スタートが今ひとつなのはどうかだが、末脚は凄まじくレイデオロにも太刀打ち出来る筈。

やはりスタートでモタついた。これで3戦連続でダッシュがつかなかった事になる。末脚は素晴らしいんだけど、こういうウィークポイントを抱えては流石にレイデオロには勝てないと言う事だろう。一歩目は普通に出るんだけど、二歩目から数完歩がやたらと小さいというか・・・。

終始最内を回って、折り合いもついていたけど、直線で包まれて追い遅れたため脚を余す事になってしまった。スタート後に普通に加速できていれば勝負所の位置取りももっと優位になるハズなだけに、少しもどかしいと感じたね。

スッと先手を取って、好位で折り合って運んだレイデオロと、モタついて後方に置かれたキセキの、競馬の上手さが結果に出た印象。

馬群を抜けてからは鋭く伸びており、地力はやはりレイデオロに太刀打ち出来る存在だと思う。

折り合いは十分つくし、3000mはまず心配いらないと思う。

菊花賞でも要注目。




サトノアーサー 3着

レース前評価:手前が右に偏重しているので、右回りはマイナス視。御しにくい馬だが本当の力を出せば、この馬が一番強いと思う。

やはり手前の偏重は目に付いた。(右回りの場合は通常は左手前で出たい)スタートから右手前で行ってしまい、向こう正面も途中まで右手前だったよう。

これだと脚の疲労を均等に分散させられないのも勿論だけど、どうも直線の伸び方を見ても左手前の時はそれほどスピードの乗れないみたい。きさらぎ賞なんかもそうだった。

直線、キセキにあっさり抜かれた割りには、その直後に手前が右に替わると普通に追撃出来ている。やはり左回りの方がパフォーマンスが安定するタイプだと思うよ。

他、道中の進み方とかを見ると、折り合いは進展している感じで以前ほどハミをガッツリくわえなくなって来た。これは良い兆候だね。

気難しい・乗り難しい部類の馬なだけに3000mは微妙だと思う。

能力を出し切れば本当に強い競馬が出来るハズ。ただ、この馬の能力を全部発揮させるのはかなり大変そうなんだよなぁ・・・。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)