★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【朝日杯フューチュリティステークス2016】 追い切り所見1/2

朝日杯FS2016の追い切りについて所見を述べていきます1/2

アシャカリアン

栗・水・CW重 単・強め 良いと思う
6F84.2 5F66.7 4F51.5 3F37.8 1F12.5

前走の未勝利戦では出遅れから直線で馬群を上手く捌いて、結構な位置から差しきっての1着。

それなりに競馬の上手な馬で悪いと思う所はない。

追い切りの時計も、手応えと見比べて十分釣り合っており決して悪い馬とは思わない。

現在のところ1344.5倍だけど、良く見えるよ(汗)

アメリカズカップ

栗・水・坂不良 併せ・強め まずまずか

4F53.3 3F39.1 2F25.2 1F12.5

僚馬に遅れをとっていたけど、レースではムチをかなり使われて加速している馬で、追い切りは肩ムチ数発だったのであまり気にはしない。

本番はガンガン乗られる分、追い切りよりは走ってくると思うよ。

クリアザトラック

栗・水・芝やや重 単・馬なり 気勢ものって面白い

6F82.9 5F66.6 4F52.0 3F38.1 1F12.8

前走新馬戦の感触では序盤少し他馬を気にしている雰囲気は受けた。GⅠで当たりがキツくなるのは少し心配ではある。

ただ、抜け出してからも前進気勢をかなり維持しているし、とてもひた向きに走ってくれそうで好感は持った。

追い切りでも直線に入ると馬が自分からハミを取りに行くし、良いんじゃないかな。

キャリア2戦目だけど楽しみ。十分上位に来れると思う。

サトノアレス

美・水・南W・不良 特徴に欠く印象はある

4F55.6 3F41.3 1F12.9

僚馬に気を取られてヘッドアップしていたけど、レース中はそういう雰囲気は出していないので気にしない。

折り合いは半々、つくときとつかない時があるので、これは当日パドックと本場場入場で見極めるしかないかも。

前走は経済コースを通って直線も一気に抜けられた展開の恩恵もあるし割引が必要かも。

主観的な印象では、この馬はちょっとキメ手に欠けそうなイメージだね。

サングレーザー

栗・水・坂不 単・馬なり 折り合いつけば

4F57.3 3F40.8 2F25.8  1F12.7

前走のデイリー杯2歳Sは折り合いを書いて位置取りが前になってしまった分、終いでキメ手が浅くなった。

水曜日は時計を出さない厩舎なので、この追い切りは何ともいえないけど、少なくともカリカリしている様子は無かった。

タメが利けば食い込みはあると思う。

タガノアシュラ

栗・水・坂不 単・馬なり 進みが良く、脚の運びもスムーズ

4F53.3 3F38.9 2F25.3 1F12.5

気持ち良さそうに走っていて、調子はとても乗っていそう。

前走は武騎手の好騎乗もあったけど、馬もかなり力のあるところを見せている。

逃げてミスエルテを凌げるかどうかと言うレースになると思うけど、流石に一筋縄ではいかないとは正直感じる。

戦法は固まっているだろうから、後は展開の波に乗じてどこまでか。

スポンサーリンク

ダイイチターミナル

美・水・P良 強め・併せ 時計は遅い

5F66.1 4F51.1 3F37.3 1F12.3

前走は馬場の良い所をロス無く通れて申し分ない競馬が出来たけど、全く直線は伸びなかった。能力は足りていない部分が大きそう。

追い切り時計も、推している割りにタイムが縮んでいないし、かなり見劣るね。

ダンビュライト

栗・水・坂不 併せ・馬なり 手応え良好、よく動くが音にはどうか

4F52.2 3F38.6 2F25.4 1F12.9

他馬のムチの音に怯むので、この部分に前進が見らるかどうか。追い切りだけでは確認できないので、もうこれは走ってみないと分からないね。

新馬でも他馬のムチの音に怯んでいたし、前走のサウジアラビアRCもしかり。これが今回も出てしまうようだと、ギリギリのところでは勝ちきれない。

追い切りの動きは秀逸で、52.2秒を楽な手応えで出すのならGⅠでも十分期待と言ったところ。終い12.9はこの時計を出せば大概の馬が最後スピードが落ちるので、全く気にならない。

心配なのはムチの音に敏感な所だけ。確認する術がないだけに取捨は勘に頼る事になりそう。

スポンサーリンク

トーホウドミンゴ

栗・水・坂不 単・一杯 追われても時計は今ひとつ

4F54.6 3F39.8 2F25.1  1F12.4

スタートが悪いようなので、キメ脚で戦う可能性が高い。

ただ、追い切りでしゃにむに追われた割には時計は全くさえない。

脚の運びもかなり急いでいたのにこれではね・・・。

トラスト
栗・水・CW重 併せ・終い一杯 同型と枠と
6F83.0 5F67.8 4F53.8 3F39.9 1F12.0

とにかく展開がハマるかどうか。同型に絡まれてリズムを崩した前走を見るととにかく気分良く行ってもらわないと・・・。

追い切りでは僚馬の真後ろを追走して直線で抜くスタイルを試していたけど、いきなり控えられるとは全く思えないんだよなぁ・・・。

好枠からリズム良く運べればじゃないかな。

スポンサーリンク

コメント投稿もお気軽にお願いします!(メールアドレスを入力しなくても投稿可能になっています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 負け犬ぱぱ より:

    お疲れさまです
    上位に考えてたサトノアレスが案外だったので、ちょこっとショック
    ダンビュライトもムチ音に敏感ということで不安
    うーん、2頭とも本命じゃなく2番手、3番手だけど・・・どうしよー

    • アラシ より:

      このレース、3着は何が来てもおかしくない感じがするんですよね~。
      ダンビュライトは大外一気すればムチの音をそれ程気にしなくて済みますし、枠が大事そう。

  2. バイヲン より:

    ダンビュライトが4枠に入りました。
    この枠だと積極的に狙い難い感じがしますがどうでしょうか?

    アラシさんの寸評を見ると
    危険な匂いがしますがこの枠どうでしょうか?

    • アラシ より:

      今までの傾向から近くに馬がいない状態、例えば大外一気の状況などで直線を向かえて欲しいです。
      ムチの音に明らかに驚いているので、これが矯正されていれば良いのですが、追い切りではそれは分かりません。

      なので、どちらかと言うと枠は良くないと思います。

  3. カラシ より:

    アラシさんこんにちは。いつもテレビや新聞では決して得られない貴重な分析をありがとうございます。参考にさせていただいております。追い切りと直接関係ない質問ですがよろしければお答えいただければと思います。
    それは、生産者や馬主側から見た朝日杯の意味についてです。先週のジュベナイルもそうですが、こうした2歳重賞を関係者はどの程度重要視しているのでしょうか。過去の出走馬を追跡してみるとせっかく上位に入った馬でもその後全く芽が出ず、というのが散見され、3歳からのレースで成績を残してくる馬とはその後が全く異なる気がしますし、クラシックレースを視野に入れるならもう少しゆるやかに育て上げた方が良さそうな印象を受けます。素人考えですがそうした3歳以降のレースで活躍することが本筋?と考えるとまだ2歳の馬に負荷をかける価値がどれ程あるのかと感じたりもするのですが、実際関係者にとってはどのような位置付けにあるのでしょうか。

  4. 三児のパパ より:

    アラシさん こんにちは。初心者なりに色々と考えてみたのですが
    昨日の阪神後半戦レースを見直してみて、逃げ、先行決着が目立ったように思いました。
    大外ブンまわして ミスエルテ届くか不安が、、、。
    タガノの逃げ切り ありかな?とも考えています。
    まぁ軸はミスエルテですが、タガノの食い込みも視野に入れて組み立てようかと。
    アラシさんはどう思いますか?
    初心者なりの考えですけど、笑っ

    • アラシ より:

      ミスエルテが負けるとしたらそのパターンかと思いますね~。

      ミスエルテが差し届かないのであれば、先行馬の中ではタガノアシュラに残って武騎手のグランドスラム達成!
      と行きたいところです。