★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【スプリンターズステークス2017】予想!! 元馬術選手のコラム

秋のG1シーズン到来、普段、追い切りとレース回顧がメインのウチのブログも予想を展開していこうと思う。

今週はスプリンターズS。前哨戦の筆頭レースであるセントウルS組の他、夏の短距離戦線を盛り上げてきた馬たちも参戦し、昨年の短距離王者ビッグアーサーも戦線復帰と、今の短距離界における最高峰のメンバーが集まったと言う感じで、レースがとても楽しみ。


最大の考慮要因「枠」

中山芝1200mなので、枠は重視したい。中山競馬場は4角が大きな難所で直線が短いのは周知の事だと思う。

中山の急な4角~短い直線では、4角の急さで大外に振られてしまうと短い直線では前を捉えきれずに終わる可能性もあり、かといって4角で経済コースを通ろうとすると、短い直線で馬群を捌き切れずに終わってしまうリスクがある。

どの距離でも4角~直線は必ず通るので、これが中山競馬で紛れを多発させる原因の1つになっている。

特に、1200mだと道中が短いため、中長距離レースの様に内枠の馬が外に出てきたり、外枠の馬が内に潜るという時間は取りづらく、どうしても出たなりの位置で競馬を進めざるを得なくなってくる。極端な位置移動がしたければ、最後方まで下げるか、逃げの手に頼ると言う、消耗やロスを被る戦術をチョイスせざるを得なくなる可能性が高まる。

今回はチャンスと思われる馬が多い中、枠はけっこうバラけ気味。能力・特性に合わせて枠を念頭に考えてみたい。

1枠2番 レッツゴードンキ  単穴

鞍上の岩田騎手は、序盤から推して先手を取って、インコースを確保する傾向にあり、一発を賭ける意味で悪い枠ではないと思う。

出して行くと折り合いが心配になるけど、1200m戦だし、2017年に入ってからの同馬はレース中折り合いっている事が多く、焚き付けていっても自滅する事はないと思う。

目下11.4倍と穴人気であり、イン突きする事に気負う事もない。出て来れずの負けはあるだろうけど、上手くハマれば、この馬の脚なら突き抜けもあると思う。

単穴として狙いたい。



2枠3番 セイウンコウセイ  消し

高松宮記念の覇者。前走の函館SSは他馬に合わせて前に行って消耗していた部分もあるので、4着という着順を以っての軽視は出来ない。

ただ、高松宮記念以前のレースでは前に馬を置くのを敬遠している感じがあり、インコースに若干不安要素はある。

イン突きで成功するには、前が開いた瞬間一気に伸びてくる脚があった方が良いが、この馬にはそこまでのキメ手を感じない。

消しとしたい。

3枠5番 ラインミーティア  ▲

末脚勝負で結果が出ている馬。セイウンコウセイ、フィドゥーシア、ワンスインナムーン、ダイアナヘイローと、前で競馬をする馬に囲まれた枠なので、レースはしやすくなるハズ。

地力は若干及んでいないと感じるも、積極的にインに拘る競馬をして前が開けば食い込めると見る。3番手評価としたい。

前走直線、「詰まっての2着」なので、これが鞍上の心理にどう影響するかで違ってくると思う。もし「イン突いたからこその2着」と言うイメージが勝っていれば、今回もイン突きしやすいだろうし、「結構詰まってスムーズさを欠いた」となれば外を意識してくるかもしれない。

4枠7番 ダイアナヘイロー  消し

スタートが速いので、先手はまず取れると思う。枠は絶好枠と言った感じで普通にスタートを切って運べば4角で先団の良いポジションには居られる可能性はかなり高いと思う。

ただ、前走が前残りになった所や、メンバーの大幅強化を考えると、最後の競り合いでは持ち堪えられないのではないかと思う。

消しとしたい。

4枠8番 レッドファルクス  ◎

この馬も絶好枠だと思う。ダイアナヘイローの左隣なので、ダイアナヘイローに付いていけば、そんなに塞がるような事は無いハズ。

追い切りもリラックスして大きいストライドで良い時計を出しており、能力の高さを感じる。

安田記念も追い遅れ気味だった中、勝ち馬に最後まで詰めていたのは好感で能力上位、枠もに力を出しやすい所に入ったと思う。

本命としたい。



5枠9番 メラグラーナ  ○

レッドファルクスの左隣の枠。本命の隣枠で脚質も近いので、そんなに離れた位置で競馬せず、ある程度意識してマークしながらの競馬をすると思う。

勝負所で外からレッドファルクスを閉じ込めら得る枠関係でもあり、展開と鞍上の気迫次第で、レッドファルクスを負かすのは十分可能。

セントウルSは前が残る中、最速上がりで4着まで上げてきている上、これまでのレースでも鮮烈な脚を使う事も多く、能力も評価。

CBC賞の大敗は直線ブロックされて追えなかったものなので度外視。

5枠10番 ビッグアーサー  消し

下記、追い切り所見のコメントが全て。消しとしたい。

「追い切りは、以前の強かったビッグアーサーとは思えない程の変わり果てた内容で、見ていて辛いと感じるほどだった。ここまで調整が長くなったのも十分頷けてしまうよ。

ムチを初発のムチで脚が止まってしまい、その後数発ムチを入れても馬が2完歩ほどしかスピードアップしない。時計の示すとおりの無残な追い切りだったよ。」

7枠13番 ファインニードル 消し

セントウルSの勝ち馬だが、前残りの展開に乗じた部分が大きいと思う。普段、それほど決め手がある所を見せていないし、ロスを要求される枠である事を考えると、消したい。

8枠16番 ダンスディレクター  △

この枠だとポジションを取りに行って4角でロスを被るか、序盤後方に控えて内に潜るかの作戦しかない。

縦長になってロス無くポジションを上げていけるような、展開の味方が必要。

地力は十分高く、セントウルSでは前残りの中、メラグラーナと共に後方から伸びてきた。

短距離馬としては気性にクセが無く、安定して実力を発揮出来るタイプ。

展開が味方してくれれば上位あるも、団子の展開になればかなりのロスは被るハズ。

地力評価も、枠が悪く4番手評価。

以上、本命はレッドファルクス、対抗はメラグラーナ、三番手にラインミーティア、4番手にダンスディレクター、単穴にレッツゴードンキだね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. てび より:

    こんばんは~♪
    今回は本命レッドファルクス、対抗ワンスインナムーンで行こうと考えてます。アラシさんのスプリンターズSの記事ってワンスインナムーンがいない事になってますがどうしてですか?

    • アラシ より:

      週中、仕事が忙しく、出走見込みの馬しか過去走を見れなかったのに尽きます 汗。
      ワンスインナムーンは除外になると踏んでいて、過去走を見ていませんでした・・・。

  2. タケ より:

    アラシさんは説得力がありますので、予想載せて頂いて嬉しいです!

    レッツゴードンキ、イン差しが決まれば面白そうですね。

    • アラシ より:

      とりあえず、初めての予想記事は的中と言う形になり、ほっとしています。
      もっと皆さんのお役に立てるように頑張りたいですね!

  3. タケ より:

    アラシさんの予想、説得力があるので載せて頂いて嬉しいです!

    レッツゴードンキのイン差しが決まれば熱いなあ。