★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【京都大賞典2017】最終追い切り所見  1/3  スマートレイアー等 元馬術選手のコラム

アクションスター、カレンミロティック、サウンズオブアース、シュヴァルグラン、スマートレイアー

京都大賞典2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/3 byアラシ



アクションスター

栗東 坂路 良 木曜日 併せ 一杯

4F53.6  3F39.5   2F26.7 1F13.6

都大路S5着。馬がかなりズブくなっており、直線ムチを使われてもロクに反応してくれない。後方でタメたのにこの程度の脚ではここはやはり難しいだろう。

追い切りは400mの辺りで激しく躓いてしまったので、そこで行く気が無くなった感があり、時計が伸ばせなかった。イメージとおりの調教にはなっていないハズで、仕上がりには疑問を持つべき点があるね。

カレンミロティック

栗東 坂路 良 木曜日 併せ 一杯

4F53.6  3F38.6   2F25.9 1F13.3

メルボルンカップ23着。前で折り合って運べる馬だけど、今は重賞で通用するようなパンチ力は感じないね。

馬なりの僚馬に一杯で遅れるという有様。去年までは一応、調教だけは良く走っていたのに比べるとやはりここは厳しいという感じだね。

サウンズオブアース

栗東 CW 良  木曜日  併せ 強め

7F97.3 6F80.6 5F65.8 4F51.8 3F38.6 1F12.3

札幌記念4着。4角でエアスピネルの真後ろに進路を取ったのが裏目に出て詰まってしまい、外に進路を切り替えた頃には上位2頭が抜け出しており、大勢が決していた。馬群を捌いてからの脚は鋭く伸びており、スムーズなら勝ち負けに加わっていたと思う。実力はここでも十分と思わせてくれる。

追い切りは併入狙いに見えた。多分、馬の気勢を絶やさない様、最後までピシッと1F12.0秒くらいで走らせたかったんだろうけど、僚馬がバテて伸びてくれなかったので、付き合って手綱を絞って減速させて、調整して併せる所があった。負荷はもう少しかけたかったんじゃないかな。

時計を見ての通り抜群に動いているし、札幌記念も十分強かった。

当然、検討に入れるべきだろう。




シュヴァルグラン

栗東 坂路 良 木曜日 併せ 強め

4F53.5  3F39.0   2F25.5 1F12.7

宝塚記念8着。折り合いに非の打ち所がなく、道中の消耗が少ない分、確実に終いで脚を使ってくる。逆に言うとハマって大駆けする事は少ないタイプ。自分なりのベストは尽くしてくれると思うよ。2400mは歓迎だろう。

追い切りは肩ムチを使われてかなり強めに追った割りには僚馬を引き離した動きにならず、今ひとつ。

勝負所で「置かれる」所があるらしく、少し鈍いところがあるのかな?と言う印象。折り合いがつきすぎる位なので、一回使ってキビキビさせた方が良いかも。




スマートレイアー

栗東 坂路 良 木曜日 併せ 強め

4F52.7  3F38.3   2F25.0 1F12.6

鳴尾記念2着。勝ったステイインシアトルが完璧なペースで逃げ勝ってしまったので、相手を誉めるしかないと言った所。手控えて、4角でもロスを被る形のレースをして33.6秒の上がりを使ってクビ差まで詰めたのだから強い競馬をしたと思うよ。ここも十分見込める。2400mは初めてだけど、昔より折り合いはついていて、良くも悪くもキビキビした所がない分、逆に面白い挑戦だとすら思うよ。

追い切りは馬場の良い時間にやっていたので速くなった所はあるけど、併せてから抜きにいく気勢は今までのこの馬では見られなかったくらいに高く、好感できる。持ったままでこの動きなら十分でしょう。追えばかなり伸びる雰囲気だったね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)