★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【府中牝馬ステークス2017】レース回顧  元馬術選手のコラム

府中牝馬S2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ



クロコスミア  1着  予想:消し

単騎逃げに持ち込めば、とは思っていたけど見事な程合いで岩田騎手がダッシュをつけてやり、ぎりぎり馬がヒートアップし過ぎない一線上を保ちながら道中を進む事が出来た。

追い切りで時計を手控えた陣営の判断も、吉と出た感じだね。

スタート直後から岩田騎手がある程度推して行き、「掛かるかな?」という感触はあった。実際、手綱を持った所でハミをグッと噛んで危険な気配ではあった。我慢してくれた馬も偉いよ。

それでも馬がレースをイヤにならない程度の運びを保って上手く直線に入る事が出来た。さすがに先頭の馬に33.7秒を使われたら後続もお手上げと言った所だろう。

このレース、序盤で2番手集団にいたクイーンズミラーグロとトーセンビクトリー、ゲッカコウが手綱を引いてくれたのがこの馬に大きな恩恵になった。先団が控えてしまうと追突を避けるために後続も控えざるを得ず、スローになるからね。

単騎で行けた事、後続が控えてくれた事という展開面の恩恵もあるので、今後もこういう走りをしてくれるかと言うとどうかな。

岩田騎手の手腕も見事だったし、馬もよく我慢した。でも、この手の馬はそれだけではレースを作れないからなぁ・・・。




ヴィブロス 2着  予想:対抗

ドバイターフの時のようなイン突き騎乗が上手くハマッた。終いの脚勢と着差から考えると、もっと早く追い出せていれば分からなかったかも知れないね。ムチを使えたのも150m付近だった。

このスローでも折り合いはついて運べていた方だと思うし、追い切りが緩めだった事も考えると復帰緒戦としては十分収穫のある内容だったんじゃないかな。

エリザベス女王杯は沸かせてくれる一頭になると確信したよ。




アドマイヤリード 3着   予想:本命

スタートから全く推さず後方に下げた判断が裏目に出た。結果論に過ぎないけど、推して流れに乗れれば分からなかったというのもあるよね。復帰緒戦で次も見据えて折り合いをまず重視したかったのかも。

道中、ほぼ全馬が手綱を抑えている文字通り目に見えるスローペースだったし、これは厳しいなとは思ったし、直線入った時点でも「5着もないな」と思った人も多かったハズ。

そこから200m近くまで馬群を捌くために全く追えていなかったのに、前が開いたら一気に伸びて3着入線なのだから大したものだよ。まぁ、追い切りがメイチもメイチで動きやすい状態だったと言うのもありそうだけど。

負けはしたけど、直線の位置関係を考えたら非常に良く走っているのは誰の目にも明らかだと思う。

エリザベス女王杯も要注目だけど、緒戦から仕上げ過ぎな感もあるから、動きすぎた反応は心配だね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)