★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【富士ステークス2017】最終追い切り所見  2/3 サトノアレス、クルーガー等 元馬術選手のコラム

クルーガー、サトノアレス、ジョーストリクトリ、ダイワリベラル、ブラックムーン

富士S2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ




クルーガー

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 強め

4F52.4 3F38.7 2F25.2 1F12.4

マイラーズカップ10着。普通に回って直線後退だし、どうかな・・・。正直見る所は多くないよ。

ただ、追い切りはかなり動いているんだよな。馬場状態は荒れてる感じだったのに、強め追いで52.4秒が無理をかけない範囲内で普通に出せているし、1F過ぎて追われてからも脚勢が増して加速している。普通、52秒台前半を荒れめの馬場で出させるとオープン馬でも終いはあっぷあっぷしてしまい、中々伸びないものなんだけど。

人気薄なのは重々承知だけど、正直これは見込んでみたいと思う走りだった。

サトノアレス

美浦 南W やや重  水曜日  併せ 馬なり

5F69.5   4F53.3   3F39.9 1F12.6

函館記念6着。35.8秒の2番上がりを使っており、良く伸びている。内容的に見劣るところは無いよ。1枠1番で外に出られず、函館重賞でよくある「多頭数の4角」でゴチャツキを払い切れなかったのが痛かった。ここは食い込みの目もあると思う。

追い切りは馬場状態の良い時間にやっていて全体時計も緩いので、終いは伸びて当然。確り最後に狙って併入出来ているのは良いね。鞍上の計算通りに馬が動いている証拠だし、仕上がりは良いんじゃないかな。

ちょっと直線でヘッドアップする所があったのは気になった。確か、そういう所は見せない馬だと思ったけど、どうか。




ジョーストリクトリ

栗東 CW やや重  水曜日  併せ 一杯

7F96.8 6F81.4 5F66.9 4F53.0 3F39.4 1F12.5

日本ダービー18着。後方待機で一番遅い上がりだったからね。それ程大した馬とは思っていないよ。NZTだって経済コースを通って運よく勝っていた感じだし。

追い切りは一杯気味に行って持ったままのキタサンブラックに楽々交わされてしまう稽古役的な形に。相手が相手、5Fも66.9秒とは言え、もっと鋭さがないとG3のここでも厳しいんじゃないかな。

ダイワリベラル

美浦 南W やや重  水曜日  併せ 終い一杯

4F56.0   3F41.0 1F13.2

京成杯AH7着。先手を取って粘るスタイルが信条の馬で2走前の出遅れは気にしなくて良いと思う。直線で伸びはしないけど、かといって失速もしておらずこの馬なりに走っている。悪い馬とは思わないよ。

緩い時計で終いだけ一杯も一杯のメイチに追って殆ど伸びていないのはさすがに動かな過ぎ。ここは様子見しかないのかな。




ブラックムーン

栗東 CW やや重  水曜日  併せ 一杯

6F81.2 5F65.5 4F51.5 3F38.4 1F13.2

関屋記念15着。スタートはそれ程上手くなく、馬群で嫌がる素振りも見せるので、後方待機から鋭く追い込む競馬になると思う。関屋記念は上がりの競馬で後方に位置してしまい用無しに。もっと流れる展開だったら違ったハズとは思う。

追い切りは一杯に追って終いまったく伸びず13.2秒を要した。5F65.5秒と速いとは言え、コーナーを内めに回ってこれではどう考えても動きが悪すぎる。

過去、こういう雰囲気の馬は、金鯱賞のリアファル、プロキオンSの時のエイシンバッケンを指摘した事があるけど、偶然か必然かその追い切りで故障していたんだよね。この馬もそんな感じに見えたけど、どうか。


同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)