★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【富士ステークス2017】レース回顧 エアスピネルの重馬場適性は?? 元馬術選手のコラム【競馬】

富士S2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ



エアスピネル 1着

もう、武騎手の騎乗が見事すぎだったよね。馬が強かったのもあるけど、ぬかるんだ馬場を極力避けてあげて温存して6分~7分の追いっぷりで勝たせてしまうんだから、凄いの一言。消耗も少なかったハズだし、本番への調整に向けて陣営にコンディションニングに専念しやすいと思わせてくれる、この勝ち方は、心理的に良い影響を与えそう。

これは是非パトロールビデオを見て欲しいんだけど、スタートからコーナーに進入するまで武騎手は馬を外へ外へ誘導してあげて、馬の気持ちを切らさないよう配慮して乗ってあげていた(ただ、このレース、序盤からインを取った馬が4着~6着にいるから、この辺は各ジョッキーの思惑がそれぞれあって、最適かどうかはあるにせよ、どれも決して間違っていない感じではある)。

4角で他馬の手応えがイマイチになって来ている中、馬なりで先頭気味に位置に立つと、そこからじーっくり外に誘導してあげて、確り弾けた。武騎手のエスコートが馬の持っている高い能力をいかんなく発揮させて上げていた感じだね。

本番も当然、注目の一頭だと思うよ。

重馬場適性?このレースを見て、「重馬場適性がある・高い」事にはならないよ。かなり荒れ目の馬場を避けて運ばせていたし、重馬場への警戒は最大限にしていた。これでは馬場の悪い所に進入した時にも前進を維持できたかどうか、結論として分からないと言う解しか出てこない。もし、ペルシアンナイトみたいなレース運びをして、そのまま内から突き抜けてかったら、重馬場適性はあると言う結論には至るけど、今回の走りはそうではないからね。



イスラボニータ 2着

外枠で馬場の良い所を通れたのは結果的に見ても幸いした部分は多かったように思う。ちょっと序盤持っていかれて前目の位置取りになってしまったのも結果的には幸いして感じ。

強い競馬をしたけど、それより更に良い騎乗・良い競馬をした馬がいたと言う事なので、この走りは十分評価対象。ルメール騎手としては武騎手から先週の秋華賞のお返しを貰ってしまってしまった感じだね。

直線追われてから鋭く反応して最後まで伸びているし、この秋も心配は要らなそうだね。直線、前にエアスピネルがいたから気勢が維持できたのはあるかもね。一頭になるとかなりの程度でソラを使うから、その辺は引き続き気になる所だね。

この馬らしい走りをしていたし、良い点、悪い点色々ある馬だけど、トータルで見て強い。



クルーガー 3着

人気薄だったけど、追い切り時点で見込んでいたんでこの走りは個人的には特に驚かない。外枠で脚を使える馬という事もあって、スタート直後に手控えたのが直線で響いたね。例えば京都金杯とか関屋記念のような並のGⅢならあの脚で差し切れただろうけど、マイルCSの重要な前哨戦である富士Sでは超一流馬2頭に及ばなかったと言う事だろう。

追い切りでの走りは本当に目を見張ったし、レースでもこれだけの走りをするとなると、本番やはり警戒した方が良い様に思うな。

追い切りで見込んでいたこちらとしては、フロック要素が一切ないので、本番も要注意と言う判断になるね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)