★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【菊花賞2017】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】

菊花賞2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ



キセキ 1着

「スタートダッシュがつかずに後方待機から、末脚勝負」と言う点は、多くの人の想定内だったと思う。前目の馬は大体止まっていたし、やはりこれほどの不良馬場となると道中温存させて最後に一気に追える馬じゃないと、脚が残っていない分、しまいでしんどい。

そういう意味では相対的にこの不良馬場は大きく味方したと思うよ。

わりとキツめにハミを噛んだり、デムーロ騎手が残り800m付近から動き始めたりと、ちょっとハラハラする所はあったけど、前に上がっていく馬は残り1000m付近から動き始めていたし、相対的な意味合いでは仕掛けを遅らせていた部類に入ると見てよいと思う。

最後は不良馬場特有の脚の限界を試す我慢比べにもならず、むしろ伸びて後続を突き放しての1着。早めに脚を使った馬と、温存させた(脚質的に温存させやすかった)キセキとの差が出た部分は大きいと思う。

今回、不良馬場をモノにしたとは言え、元来の鋭い脚力から見て、やはり本領を発揮出来るのはスピードの活きる良馬場。スタートダッシュが悪いのは今後もついて回るだろうから、この後、更に上のメンバーが出てくるG1になると、決めきれない可能性はあると思う。

今日のメンバーは例年に劣っていたし、「大舞台でも一線級」との評価はまだ下しづらいな。

評価は引き続き、G1上位。JCや有馬で4着~5着には地力で来れるだろうと言う評価になるね。



ミッキースワロー 6着

200m過ぎたくらいの所で脚を使い果たして失速。この不良馬場に打ち勝つ事が最後の最後で出来なかった。見せ場があって上手く回ってこれただけに残念。

折り合いがつく馬と思っていたけど、掛かり気味に行った上に、一周目の直線でポポカテぺトルに寄られて怯んでしまったのは地味に響いたと思う。驚くと呼吸・心拍数ともに上がってしまうからね。どこまで影響があったかは分からないけど、これが無ければもう少し違ったと思うよ。

そういえば、セントライト記念の追い切りでも「僚馬に寄られると怯む」とは指摘したんだよな・・・。セントライト記念本番でそういう所が見られなかったし、今回の追い切りは単走だったので大して警戒していなかったけど、こういう所はある馬なんだろう。

まぁ、不良馬場で無ければもっと脚が尽きる事も無かっただろうし、他馬に比べて良い手応えで直線に入ってこれていた。

負けはしたけど、大きく悲観する内容でも無いでしょ。良馬場ならまた良い走りをしてくれるハズ。




アルアイン 7着

4角~直線でマークがキツくなったのが響いたと思う。相変わらずハミを噛んで進んではいたものの4角はほぼ馬なりで追走出来ており、3000mの不良馬場は普通にこなせていたように思う。

直線でミッキースワローにブロックされており、出るに出られない状況だったのが地味に痛いと思う。必勝の手応えとも言えない感じだったし、無闇に外に主張して騎乗停止を貰うと秋天に騎乗できなくなる等の影響も考慮して、あまり強く外に出せなかったのかも。

いずれにせよ前が開いてからは、ダンビュライト、ミッキースワローとの差を詰めて入線しており、不良馬場で脚を使い果たしたと言う感じではないと思う。

レース前は「3000mはややネガティヴ視」と書いたけど、この感じなら十分問題ないレベルだったと思う。中距離が良いと思うのは変わりないけどね。

負けはしたけど、直線捌けていればまた違ったハズ。次の巻き返しを期待。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




コメント

  1. 匿名 より:

    「不良馬場となると道中温存させて最後に一気に追える馬じゃないと、脚が残っていない分、しまいでしんどい」
    馬場が悪くなると追い込みがきかなくなり、前有利って考えていたので、これはすごく参考になりました。

    そういう意味では、スタート後馬を落ち着かせられたデムーロ騎手と、スタート後ポジション取りにいった結果かかってしまった横山ノリ騎手の騎乗の差も出たレースですかね??

  2. HK技研 より:

    お久し振りです。
    今回の菊花賞のパドックで、他馬が打ち付ける雨を嫌そうに(主観ですが・・・)周回する中、ポポカテペトルだけが平然としていた様子がとても印象的でした。

  3. 節穴 より:

    今回の菊花賞の勝ち時計は3分18秒9、1000mに区切ると1分4秒1、1分8秒8、1分6秒0
    前に行った馬は前半の無謀なペースで脚を使い、相当苦しかったと思います。
    中盤に大きく緩んでいますので、出遅れたキセキやスタートイマイチだった2、3着馬は難なくポジションを上げることができました。超ハイペースからここまで緩むと、むしろ出遅れて流れに乗れなかったことが逆に功を奏したのだと思います。