★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【天皇賞 秋2017】最終追い切り所見  2/3 ソウルスターリング、シャケトラ 元馬術選手のコラム 【競馬】

シャケトラ、ステファノス、ソウルスターリング、ディサイファ、ネオリアリズム、ヒットザターゲット

天皇賞 秋2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ



シャケトラ

栗東 芝 重  水曜日  併せ 馬なり

5F72.7 4F55.8 3F39.6 1F12.4

宝塚記念4着。動きは抜群に動く馬で、能力の絶対値は高いけど折り合いを欠いてしまい終いに脚が残らない。上手く御せれば、このメンバー相手でも十分上位で戦える。上手く御せればね。宝塚記念も道中折り合って運べれば全然わからなかったと思うよ。スタートが悪い時もあるので、その辺もどうか。

追い切りは折り合い重視で終始手綱を抑えていたけど、雰囲気的にかかる気配が満々で折り合いつけるのはかなり難しそう。道中掛かって終い伸びない、宝塚記念の二の舞は十分にあると思うよ。現状ではもっと距離は短い方が良いのかも。

ステファノス

栗東 芝 重  水曜日  単 強め

5F66.9 4F51.3 3F37.3 1F12.0

オールカマー2着。器用な競馬が出来る馬で、折り合いもかなりつく分、戦績が安定している。オールカマーでは先手から競馬を作って、好位押切りを計るというレースセンスのあるこの馬らしい競馬をして実力を見せてくれた。

地力不足な感もあるけど、それを抜群のセンスでどこまで補えるか。

追い切りは尻に実際にムチを当てて強めに攻めた。オールカマーの追い切りでもムチは当てていたし、今はこれが良い調整方法なのかも。前走よりハミをキッチリとって、頸もまっすぐ前に柔らかく使えており、一戦つかった上積みは感じるよ。

ベストは尽くせる状態にあると思う。強敵相手だけどがんばって欲しいね。



ソウルスターリング

美浦 南W 良 水曜日  併せ 終い一杯

5F65.7 4F51.2   3F37.9 1F12.5

毎日王冠8着。正直、古馬の一線級相手では苦戦すると思っていたので、あの着順はそれほど驚いていない。それとレース回顧の時に指摘したけど、手前が偏重しており左手前では鋭く走るも、右手前ではかなりフワつくのが桜花賞~オークス~毎日王冠と出ている。その左手前にしたって数完歩しか出そうとしないし、ウィークポイントを抱えてこのメンバーでは当然ながら前回以上に荷が重い。

追い切りは、一回レースを使ったせいか掛かる気配が前走時より増大してしまっていたのが気になった。僚馬がバテてしまい併せ馬の体をなしていなかったし、最終調整としては上手く行っていない印象を受けた。

ここは見送りたい気がするね。



ディサイファ

美浦 南芝 やや重 水曜日  併せ 馬なり

5F67.3 4F51.5   3F37.7 1F11.9

オールカマー6着。二桁着順も続いており、このメンバー相手では15着以内に来るのも一苦労だと思うけどね。

追い切りはこの馬にしては珍しくムキになっていて驚いた。ヘッドアップして慌ててしまっており、良くは見えなかったね。

ネオリアリズム

美浦 南W 重 木曜日  併せ 強め

4F52.0   3F37.7 1F12.1

香港のQEⅡC1着。他馬を気にしてヘッドアップしながら進む所があるので、若干、アテにしづらい所がある。最後の国内戦だった中山記念では1枠1番を利した所もあり、評価は高すぎず低すぎずといった感じ。

追い切りでも僚馬にひるんでしまって、全く走りに集中できていない。ただ、中山記念はそういう状態でも確り走って勝利しているし、ここではテンパって走る事が事前に予測した上で、あえて不安視しない事にする。

時計は十分に出ており、動きはキレているよ。状態面はこの馬としては良いという事だと思う。

ヒットザターゲット

※追い切り映像は無し。

京都大賞典7着。もう追って伸びる所もなくなったし、安心して切って良いと思うよ。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)