★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【スワンステークス2017】最終追い切り所見  1/3 ジューヌエコール 元馬術選手のコラム

アルマワイオリ、カラクレナイ、キャンベルジュニア、ケントオー、サングレーザー、ジューヌエコール

スワンS2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/3 byアラシ




カラクレナイ

栗東 CW 重  水曜日  単 強め

6F82.3 5F66.0 4F52.2 3F38.5 1F12.3

ローズS14着。スタート直後に不利スレスレの水準でカワキタエンカに寄られまくったせいか、序盤かかり、最後の直線でもファンディーナ岩田騎手から進路妨害を受けるなど、結構痛い競馬をしている。まともに行ければどうなるのかな?という感触で15着より大幅前進もありえそうと思えるだけに、妙味がある。

追い切りは手綱を抑えられていた時はちょーっと窮屈そうにして、不安な雰囲気は出ていたけど、手綱を緩められたとたんに、フワッとリラックスして、四肢と体と頸が上手く連動した綺麗なフォームで走れており、好感は持てる。

元々時計はだす馬だけど、今回も引きつづきこれだけの時計を出しており、短距離戻りの今回は十分狙えると思う。




キャンベルジュニア

美浦 南W 良 水曜日  併せ 終い一杯

5F65.7 4F51.2   3F37.9 1F12.5

京王杯SC11着。スタートが速く、この短距離でも普通に先手が取れる。好位差しが利く馬なので、レース展開に左右されにくく安定感はある。そうは言っても前走は直線で包まれてしまい、まともに追える事もなく大敗。図体がデカい分、割って来れなかった感じかな。キレイに開いてくれればまた違う走りをしていたと思うんだよな。

巨漢馬なので、復帰緒戦は割り引きたい所もある。

追い切りは、短距離馬にしては脚の運びがゆったりしすぎておりスピードの乗り切れていない。もう少し仕上げないと本領は発揮できないかも。やはり復帰緒戦は伸長に検討した方が良いかもね。併せて遅れたのもマイナス視。

ケントオー

※追い切り映像は無し。

ポートアイランドS6着。直線完全に詰まって脚を余しており、割増し部分は非常に大きい。まともに追えていれば上位争いには加わっていたと思う。OP特別だったので、レベルそのものが今回のスワンSとは違うとは思うけど。

サングレーザー

栗東 坂路 重 水曜日 単 馬なり

4F58.8 3F42.3   2F26.2 1F12.3

仲秋S1着。目下3連勝中と波にのっている。1600m戦だと折り合いを欠いて結構掛かってしまうけど、1400mでペースも流れた前走は普通に運べており、同じく1400mでしかも重賞のペースで流れるスワンSはあっていると思う。折り合いさえつけば、相応に鋭い脚を使ってくれるし、古馬相手のここでも注目には十分値する。

浅見厩舎は水曜日に時計は出さず、日曜に追い切るので、この馬も最終は軽め。このペースだともっと折り合いを欠いてハミとケンカになりながら登って来ると思ってみていたんだけど、存外、落ち着いてリラックスしながら登って来れており良いと感じたね。時計も大体16.5秒ー16秒ー16秒ー12.5秒とキリ良く刻んでいた所を見ると、狙い通りの調教が出来たんじゃないかな。

レースでどうなるか分からないけど、もしこのテンションで本番臨めるなら、もっと距離は長くても問題ないハズ。

良いと思うな。




ジューヌエコール

栗東 坂路 重 水曜日 単 強め

4F51.7 3F37.8   2F24.9 1F12.6

函館SS1着。レース中、折り合いは欠きやすいので1400mは微妙。1200mより長い距離はどうかね。フォームのキレイな馬でストライドは良く伸び、実際、けっこうな決め脚を持っている。今回に関しては本当に距離だけ。実力は十分通用すると思う。

どういうワケか追い切りで折り合っているとレースでも折り合いがつくというジンクスがある。多分、相関関係はなく偶然だとは思うけど。

相変わらず、前脚をパンっと前に伸ばして、重心の低い良いフォームで走るね。ムチで牽制されていた辺り、気持ちが抜けてしまう所はあるのかもしれないけど、メンタル面はともかく、体の動きは十分出来ている。

追い切りで折り合っているワケではないけど、掛かっているワケでもない。中間的な気配を出してくるのは初めてだね。まぁ、ムチの反応を見る限り一度叩いてからと言う感じがするな。

セイウンコウセイ

美浦 南W 良 水曜日  単 強め

5F67.4 4F51.8   3F37.7 1F12.6

スプリンターズS11着。4角までロスなく良い手応えだったけど、直線の坂で止まってしまった。坂を苦にしているようには今までのレースから見る限りは、そうは思えないけど、まぁ、今回坂のない京都で走れるのはもしかしたらプラスになるのかも。

追い切りはやけにピッチ走法になっていたのが気になったけど、キビキビ動けているという事でもあり、短距離馬らしい。スプリンターズSを使った分かな。動けているよ。あとは通用するかどうか。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)