★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【スワンステークス2017】最終追い切り所見  3/3 レッツゴードンキ 元馬術選手のコラム

ヒルノデイバロー、フミノムーン、べステンダンク、ミスエルテ、ムーンクレスト、レッツゴードンキ

スワンS2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。3/3 byアラシ



ヒルノデイバロー

栗東 坂路 重 水曜日 併せ 強め

4F53.4 3F38.8   2F25.2 1F13.0

オパールS2着。全ての馬が32秒台~33秒台の上がりを使う、極端な上がり勝負に乗じて、好位から差込んで着に入ったもので、展開の恩恵が大きい。道中でポジションを上げて行った四位騎手の判断も光った。これは良い騎乗だったね。

能力的な評価は微妙。

追い切りは重馬場での登坂だったので、終いでかなり止まってしまっていた。全体時計が速かったにせよ、重賞で上位に来る馬ならもっと気合は見せた時計を出すものだから、やはりここはどうかと思うよ。

フミノムーン

※追い切り映像は無し。

オパール11着。スタートが遅く、後方からの競馬になる可能性は非常に高い。キーンランドカップ(4着)など、直線一気で着を上げられる、良い末脚を持っており、勝つのは無理にしても上位食い込みには期待が持てる。

前走も出遅れ後方待機という競馬になってしまい、しかも全ての馬が32秒台~33秒台の上がりを使う、極端な上がり勝負になってしまい出番なし。オッズが下がっているようなら推して買うのも十分面白い。



べステンダンク

※追い切り映像は無し。

信越S12着。先手を無理なく通って、ロスもあまり被らずに直線入ってズルズル後退なので、見込めるところがない。「こうなれば勝てる」「こうすれば勝てる」というタラレバ論が全く思い描けない。厳しいよ。

ミスエルテ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 馬なり

5F66.1 4F51.1   3F37.2 1F11.8

NHKマイルカップ7着。かなり掛かる気配を見せており、気持ちのコントロールが出来ていない。前走からここまでで、どういう風に馬が変わっているのか、追い切りでよく見極めたい所。基本、追い切りでも掛かる気配がよく出る馬でわかりやすい。

道中、この馬なりにでもリラックスして運べれば、末脚は持っている馬だし内容はかなり変わるはず。

追い切りでは、ハミで抑えられている時は馬が暴走しかねない程に暴れようとしてしまっており、これは制御が大変という印象。このままレースに出てくるようだと、自滅する可能性は十分に考えられる。当日の気配次第とは言え、まず買いたいとは思えないよ。




ムーンクレスト

※追い切り映像は無し。

ポートアイランドS1着。このレースは普通に先手を取って前で粘りきった。ただ速い脚を使う馬もいなかったし、メンバーのレベルに疑問符は感じたけどね。ピュンッと鋭い脚を使えるタイプでもないし、重賞は無理があると思う。

レッツゴードンキ

栗東 坂路 重 水曜日 単 馬なり

4F55.3 3F39.7   2F25.1 1F12.0

スプリンターズS2着。岩田騎手のイン突きが冴えて、運を味方につけられた所はある。今や、折り合いは短距離ならキチンとつくようになっており、生来の鋭い脚を安定して使えるようになってきている。スワンS1400mもこなせると確信しているし、このメンバーなら能力も十分上位。

追い切りはこの馬場でストライドが開かず走りつらそうにしてはいた。速い時計を出して終いバテバテにさせると牝馬だし嫌気がかなりさすかもしれないから、55秒台と控えた判断はナイスだと思う。

良い点はドコかと言われると馬場が馬場なだけに見出しつらいけど、少なくとも悪くは見えないよ。機嫌も悪そうではないしね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)