★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【天皇賞・秋2017】レース回顧 1/2 キタサンブラック他着順上位馬 元馬術選手のコラム【競馬】

天皇賞秋2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ



キタサンブラック 1着

まさかの出遅れで、中団やや後方という競馬になってしまい流石にこれは厳しいかという流れでの競馬を前半強いられる事に。1000m~1200m間で武騎手が好位までスルスルと位置取りをリカバリして4角で上手い具合にこの馬が勝負に持ち込める手合いを作って上げられたのは紛れも無くファインプレー。まぁ、外に各馬が行ってしまっていたんで、内が空いていた分、位置取りを変えやすかったり、前に2番人気の里のクランがいてマークし易かったのはあっただろうけど。

上位1~4着馬が全て同じポジションにいたし、あの位置が最高の位置取りだったと言う事だろう。

直線は武騎手得意の後方警戒をしながら絶妙のペース配分をして脚を使うスパートで、サトノクラウンにいくら詰められてもその都度伸びるという、人馬ともにちーとスペックの競馬をしての1着。この馬場状態で残り200mから更に伸びてゴールまで手応えを残すとは相当な事だよ。

出遅れは致命的とも言えるビハインドだったと思うし、それを巻き返してこのメンバーを制するとは、脱帽。

JC,有馬もこりゃ期待するなと言う方がムリだね。




サトノクラウン 2着

内枠からロスなく行けたけど、折り合いがやはりネックになってしまい、4角でほぼ先頭に並ぶなどタメを作れなかったのが終いに影響したと思う。道中上がって入ってしまった事によりキタサンブラックにポジションを献上する事になってしまったのも痛かった。前に壁が無かったからなぁ・・・。

この馬も直線素晴らしいくらい伸びて、最後まで走れているけど、手応えを残していたキタサンブラックに追っても追っても追いつけず。道中折り合いがついていれば、もっとやれたのでは?と思うけど、それでも勝てたかどうかと言うのはキタサンの手応えを見ると思う。

掛かる馬なのは以前からそうだし、それも含めて競走馬の能力だから、今日はキタサンブラックに完敗と言った所だろう。これ以上の延長はどうかな。




レインボーライン 3着

内の中団でちょっとハミを噛みながら進めて、4角ではキタサン、サトノクラウンとほぼ同じ位置。直線だけ馬場の良い外めに出して懸命に追ったけど、上位2頭がいくら何でも強すぎ。

一番上手な競馬をしたのはこの馬と岩田騎手だと思う。

一生懸命頑張るレースが多いんだけど、どうしても能力的にG1だとちょっと足りない感じになるんだよなぁ・・・。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    この極悪馬場でホントに騎手も馬もお疲れさんでしたとしか言えない。ダメージが気になるね。
    ただこれでキタサンブラックはJCに出るとすれば、また一部の穴党に宝塚記念のように養分扱いされるだろうね。
    いっそJCは去年勝ったんでパスして、有馬に全力投球してほしいのだがJRAが許さないだろうか。

  2. 匿名 より:

    初めましてとても参考にさせていただいています。
    サトノクラウンが最後の直線でキタサンブラックの外に行かずに内に行ったコース取り結果としてあの鼻差に出たのかなと思ってしまいました。