★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【KBSファンタジーステークス2017】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム

スノーガーデン、ダイシンステルラ、トンボイ、ニシノウララ、ペイシャルアス

KBSファンタジーS2017の最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ




スノーガーデン

4戦目で未勝利脱出。直線やや後方から良い脚使って伸びていて、気持ちのよい勝ち方だった。このメンバーで通用するかは疑問だね。

ダイシンステルラ

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 馬なり

4F56.9 3F42.1   2F26.8 1F12.9

新馬戦13番人気で1着。普通に回って、普通に好手応えで勝っており、フロック感はない。直線では内にキレ込む気配を強く見せていた。今回右回りに変わるけど、それでもそういう雰囲気が出るかどうか。

追い切りはアマルフィコーストとの併せ馬で、同じく調整色が強い。人気ではアマルフィの方が断然上だけど、競りかけにくるアマルフィに対して悠然と走れってハナ差前に行っており、この馬の方が追い切りそのものは良く見えた。

これは、穴であるか??




トンボイ

栗東 坂路 やや重 火曜日 単 強め

4F52.4 3F39.1   2F25.4 1F12.4

新馬戦逃げての1着。鞍上が強めにハナを主張している所から察すると、単騎で行けないとパフォーマンスが低下するかも。

追い切りでもヘッドアップして周囲を警戒している感じはあるし、やはり他馬との兼ね合いは出やすいかも(馬は周囲を警戒すると、目線を高くするために頭の位置が上がる)。

時計は良好な馬場状態を考慮しても手応え相応に伸びており、好感は持てる。




ニシノウララ

サフラン賞4着。先手をとる自分の競馬をして伸びずだし、力は出し切っていたと思う。

ペイシャルアス

栗東 坂路 やや重 火曜日 単 馬なり

4F52.9 3F38.6   2F25.5 1F12.7

カンナ賞1着。イン突きがハマッた感が強いので、これ以上のパフォーマンスとなるとどうか。

ただ、追い切りは見せムチを使われた以外は殆ど完全な馬なり。それでこの時計なら、走れている部類ではないだろうか。


同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする