★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【京王杯2歳ステークス2017】最終追い切り所見  1/2 元馬術選手のコラム【競馬】

アサクサゲンキ、エントシャイデン、カシアス、タイセイプライド、タワーオブロンドン、ダークリパルサー

京王杯2歳S2017最終追い切りについて所見を述べていきます。1/2 byアラシ




アサクサゲンキ

栗東 坂路 やや重 水曜日 併せ 一杯

4F52.2 3F38.5   2F25.4 1F12.8

小倉2歳S1着。大外枠となりコーナーでロスを被る形になっても楽な手応えでそのまま押切ったのは強い印象で、評価出来る。スタートも上手で実力は安定して発揮してくれそう。

追い切りは終いこそ手応えが微妙になって結構追われたけど、52.2秒というかなり速い全体時計なら致し方が無い。G1級の馬でもこれだけのタイムを追わずに出すのは難しいからね。

時計的に及第点に十分達しているんじゃないかな。

面白いと思うよ。

エントシャイデン

栗東 CW 良  水曜日  併せ 馬なり

6F82.7 5F65.6 4F50.7 3F37.7 1F11.9

新馬戦1着。可もなく不可もない勝ち方だけど、出遅れた点は割引評価。ゲートに関しては一戦しかしていないから傾向がつかめず、怖い所が残る。

追い切りでは馬なりで相当な時計を計時してきている。動きは文句無しだよ。フォーム的にも頸の前後動きが十分に富んでいるし、ハミの張力にもまだ遊びがある。

これは良さそうだね。




カシアス

栗東 CW 良  水曜日  併せ 馬なり

6F79.8 5F64.3 4F50.1 3F37.9 1F12.0

函館2歳S1着。直線目一杯に追ったワリにはムチを一度も使わない不自然な勝ち方をした点は気になった。新馬戦もムチを使っておらず、もし使えば勝てていたと思えるような内容。3戦してムチを一度も使われておらず、ムチ耐性に関しては疑わしい所が大きい。馬も精神的に成長しているだろうから、大丈夫な可能性もありそうと言う点がまた、判断を迷わせてくれるね。

追い切りは内を回った分時計が速くなっているので注意が必要。僚馬が接近すると逃避しようとしたりしていて、デリケートさは確かにに感じるよ。

それでも追われてからはビュンッと伸びていて流石重賞馬と感じさせてくれる。今回もムチの使用に大きな制約がつきそうな気もするんで、重賞でそのビハインドを打ち破れるかと言われると微妙だと思うね。

タイセイプライド

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 強め

4F53.6 3F40.1   2F26.8 1F13.6

ダリア賞1着。折り合いが今ひとつな所があるんで、引き続きの1400mは歓迎だろう。追われてからの伸びがもうひとつ欲しい気もするよ。重賞でどこまで食い込めるか。

追い切りでも行く気が勝っている雰囲気は感じるよ。日が高く昇った、他馬のいない時間にやっている所を見るかぎり、ザワついた雰囲気だとセカつくのかもしれないね。




タワーオブロンドン

美浦 坂路 やや重 水曜日 併せ 馬なり

4F56.5 3F41.2   2F26.0 1F12.5

ききょうS1着。道中は先行争いせず中団に待機する、短距離の有力所では珍しい戦術を得意とする馬。過去2走とも直線入った時点で「これは伸びる!」と確信出来る手応えで入って来ており、着差から考えてもその末脚は侮れない。

完全な馬なりで自分から僚馬を抜いており、時計が緩かった事以外に気になる所はなく、十分な水準で動けている。そんなに仕上げてはいない印象だけど、この動きなら勝負には十分なると思うよ。

ダークリパルサー

※水曜日時点で追い切り映像は無し。

ダートの新馬戦1着。4角~直線でトボトボ走りになる馬が続出するほどの不良馬場で、後続を待つ余裕をみせ、100m過ぎからもなお手前を変えて、スピードを維持していた。ダート戦の勝利だけど、この勝ち方は高く評価して良い。ここもチャンスは十分あると思う。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする