★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【武蔵野ステークス2017】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

アキトクレッセント、インカンテーション、カフジテイク、クインズサターン、ゴールデンバローズ、サンライズソア

武蔵野S2017最終追い切りについて所見を述べていきます。1/3 byアラシ




アキトクレッセント

※追い切り映像は無し。

グリーンチャンネルカップ4着。スタートが速い方で好位を取れるのはダート競馬では武器だけど、このメンバーを押切れるほどの脚力があるとは思えない。

インカンテーション

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり

4F53.3 3F39.0  2F25.7 1F12.9

白山大賞典1着。マーチSを10番人気で勝って以来、波に乗っている。中央では基本的に先手から抜け出しを図ってくる。交流重賞は評価が難しく、過去走からはどっちに出るかは分からないね。追い切りを見て判断じゃないかな。

追い切りはしまいちょっと追いめで、12.9秒だと少し遅いかもしれないね。あまり前進気勢も感じないし、良くは見えないかな。

カフジテイク

栗東 CW 良  水曜日  単 馬なり

6F86.5 5F69.7 4F53.8 3F39.1 1F12.1

MCS南部杯4着。反応が鈍くポジションが取れない上に、よく出遅れる。府中1600mはそういう意味では合っていると思うよ。直線だけの競馬で上位まで来れるんだから凄い脚力。立ち回りが悪いのが毎回ネックになっている印象だね。

追い切りでクチが左に向いていたのは、毎回そうなので気にしないとして、追われてからのストライドの開きはさすが末脚自慢と言った所。抑えられている所から、加速を始めるまでは意外に素早く、動きが良くなっている感じはしたよ。春先も確かに、使う毎にヅブさが薄れてきており良化してはいた。

ここも面白いかもしれないけど、どうしても脚質的に前を捉まえ切れないリスクはあると思うんだよな。




クインズサターン

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり

4F52.7 3F38.8  2F25.2 1F12.5

秋嶺S1着。2戦続けて強力な末脚を使っている。これは重賞でも通用するよ。2走前は位置取りが後ろすぎて届かなかったけど、相当な伸び脚を繰り出しているので、一見の価値はある。良いと思うよ。

追い切りの動きもかなり良好だね。馬場の荒れた時間でこれだけの時計を出して、馬なりで最後まで止まらずに走っているのは、けっこう凄い事だよ。単走でも前進気勢を確り保てているし、凄く良いと思うな。

ゴールデンバローズ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

4F52.3   3F37.5 1F13.2

アハルテケS7着。ロスをある程度被る競馬をしてしまい直線で止まってしまった。2走前もそんなに強力な脚は使っていないし、ここはどうか。

追い切りは掛かり気味に回ってしまい、本来タイムは速くなるハズなのに、併せ馬で思いっきり遅れてしまったのは勿論良くない。これは切りで良いよーな。




サンライズソア

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 馬なり

4F51.4 3F37.5  2F24.7 1F12.5

ブラジルカップ3着。ここ2戦、内枠に恵まれて好位が取れているフシがある。ロス無く運べているのに終いで突き抜けられない所を見ると、そこまで評価は出来ないよ。

追い切りは掛かって時計が速くなっているに過ぎないので、参考にはほぼならない。鞍上がずっと手綱を絞って、頭をガックンガックンさせており、速度の調節が上手く言っていない。それに加えて馬場の良い時間帯にやっているから、そりゃこの時計も出るよ。

追い切りは参考外として、レースでの弾け方がいまひとつな分、狙えないかな。


同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする