★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【武蔵野ステークス2017】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

サンライズノヴァ、ショウナンアポロン、ピオネロ、ノンコノユメ、ブラゾンドゥリス

武蔵野S2017最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ




サンライズノヴァ

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 終い一杯

4F52.9 3F38.7  2F25.1 1F12.4

グリーンチャンネルカップ1着。直線中団から2番上がりよりも0.3秒速い34.7秒の脚を繰り出してまとめて差し切る。元々、ユニコーンSでそれこそ新星のような勝ち方をして度肝を抜いており、能力的に楽しみな部分が多い。

フォームが大きく低伸していて、凄く綺麗に走る。やはりスピードのある馬の走りをするんだよな。最後に追われてからの伸びは正直、まずまずと言った所で、メチャクチャ高い評価は出来ないけど、良い水準にはあると思うよ。




ショウナンアポロン

※追い切り映像は無し。

グリーンチャンネルC15着。外枠から内に入れず、そのままコーナーを回らされて出番は全く無し。実力馬でもあの位置取りになったら苦しいとは思うので、多少割りまして上げても良いかも。エルムSは前が止まり気味な所を追い込んで5着と、展開さえハマれば見せ場もつくれそうな走りはしている。

ピオネロ

栗東 CW 良  水曜日  単 一杯

6F81.1 5F65.8 4F51.6 3F38.4 1F12.0

シリウスS3着。折り合いに問題がなく、出して行っても掛からないので位置取りに融通がかなり利く。競馬上手なタイプなんだけど、キメ手がイマイチで重賞ではワンパンチ足りず勝ちきれない。

追い切りは追われてから暫くすると、馬はフワッと浮き上がってしまい、今ひとつ頑張りきれた調教になっていない。評価は可も無く不可もなくじゃないかな。5F65.8秒となると終いで苦しくなるのは大概の馬がそうだからね。

少なくとも抜群のデキにはない、と言う事だね。

ノンコノユメ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

5F68.8 4F53.7   3F39.4 1F13.3

フェブラリーS7着。末脚タイプの馬だけど、反応の鈍い馬で道中やや置かれてしまう上に、勝負所でもエンジンの掛かりが悪い。フェブラリーSでは最後までジワ伸びしており決して悪くはないんだけど、鈍い故にレース全般においてスムーズさを欠くんだよな・・・。

追い切りも追われてからあまり伸びず、ムチを使われてもそんなに反応していない。この馬なりの走りと言えばそうなんだろうけど、この状態でG3を勝てるかと言うとどうかな。




ブラゾンドゥリス

美浦 坂路 良 水曜日 併せ 馬なり

4F52.4 3F39.0  2F26.1 1F13.2

欅S6着。直線やや捌くのに時間が掛かって、開いた所を追って6着死守みたいな感じのレースで可もなく不可もなくという内容。見込めるところはそんなに多くないかな。

追い切りは馬場の良い時間にやって、ちょっと追われる程度で、この時計なら悪い事はない。この馬なりに来ていると思うよ。


同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする