★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【エリザベス女王杯2017】レース回顧2/2 ヴィブロス等 注目各馬 元馬術選手のコラム【競馬】

エリザベス女王杯2017のレース回顧をしていきます。2/2 Byアラシ



ヴィブロス 5着

折り合いを欠いてしまった。ゲート前の輪乗りの辺りからテンションがおかしくなっていて、ゲート入りも嫌っていた。歓声があがる度に雰囲気がけっこう変わっていた感じで、スタンド前のスタート、歓声の大きいG1、しかも一番聞こえる大外枠、という点にだいぶやられた感じを受けるよ。

ゲートが開いてからも、馬がどんどん前に行ってしまい、折り合いをつけるのが大変な状況に。まぁ、そのお陰で外枠なのに好位を取れたと言う恩恵はあるんだけど、向こう正面入っても馬がヒートアップし続けていて、落ち着く所がなかった。

絶好の感じで4角回ってこれても、これでは終い伸ばせるだけの体力が残らない。比べるとモズカッチャンは本当に落ち着いて運んでいたからね。コースロスの差と言う展開由来の差もあっただろうけど、こういう馬の能力・性質面の差はこのレースでは出ていたと思ったよ。

元々クチを割って走る所もあるし、折り合いを欠き気味でも最後伸びてくれる事も多かったから最後まで望みは捨てずにみていたけど、今回は伸びを欠いてしまった。普段と違う所といえば大歓声に驚いていた所で、それが呼吸のリズムとかに影響を与えて余計な消耗を招いたのかも。

一旦、立て直しじゃないかな。ドバイで勝っているから、中山記念から再始動するのかな。一回完敗しただけでは見限れない馬だよ。




スマートレイアー 6着

ヴィブロスの後方を序盤からスンナリ取れて、折り合い良く運んでよい競馬をしたと思うけどな。直線入って、一旦他馬に置かれてしまったりして加齢による鈍さみたいなのは出していた。直線、馬なりで前を追走できていればピュンっと加速して抜けてこれたかも分からないけど。

歳を取って折り合いがつくようになった分、鈍さも出てきてキメ脚に不足感があるんだよな。もっとペースが流れて、我慢比べのレースにならないとG1では厳しいかもしれないな。

この馬なりに、良い競馬をしていたと思うよ。




ディアドラ 12着

さすがに位置取りが後ろすぎた。スローにもなってしまい、全く出番が無かった。まぁ、これに関しては結果論だから、位置取り云々で鞍上を責める所はない。前に行ったらハイペースになった・・・、後方に控えたらスローになってしまった・・・なんてのはどのジョッキーにもある話で、そもそもこの馬は後方から進める馬だからね。

2番あがりを使っているし、負けはしたけどそれなりの格好は示したんじゃないかな。決して悪い馬ではないと思うよ。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)