★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【マイルチャンピオンシップ2017】最終追い切り所見  2/3 サトノアラジン、サングレーザー等 元馬術選手のコラム【競馬】

サトノアラジン、サングレーザー、ジョーストリクトリ、ダノンメジャー、ディサイファ、ネオリアリズム

マイルCS2017最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ




サトノアラジン

栗東 CW やや重  水曜日  併せ 一杯

6F84.8 5F66.7 4F51.3 3F37.9 1F11.8

天皇賞秋は完走するのも大変そうな18着。原因は間違いなく不良馬場だろうし、度外視で良いと思う。それにしてもあそこまで滅入った走りをするとはね・・・。

毎回言っているけど、跳びが大きい上に、パワーがあって折り合いも微妙な所があるので、小細工せずに大外ブン回して直線一気が一番強い競馬をすると思う。脚が尋常じゃなく速いから、それでもこのメンバーを差し切れるだけの力はあると思う。

追い切りは今までよりもちょっと見劣ったけど、高水準の動きをしているのは間違いない。かなりの時計を出したけど、いつもよりは追われていたね。馬なりに程近いくらいの追いっぷりでも、これくらいの時計が出る時もある馬なので一杯気味の今回はちょっと割り引いた判断。

小細工せずに外回ってどこまでやれるか。本調子なら勝ち負けもあると思うんだけどね。

サングレーザー

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 馬なり

4F56.0 3F41.0  2F26.7 1F12.9

スワンS1着。内をロス無く突いて300m付近まで脚を使う所もなかった、C・デムーロ騎手の騎乗が冴えた。だからここで大きく見るのは少しどうかな?と思う。ちょいちょい出遅れるのも良くないね。1600m戦だとハミを噛むところが散見されるのもどうか。

浅見厩舎は水曜日は時計を出さないので、時計はこんなもんでしょう。馬が飛ばしたがる気配はなかったので、折り合いを欠き気味のこの馬としては良いサイン。




ジョーストリクトリ

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 馬なり

4F52.5 3F38.9  2F25.6 1F12.6

富士S14着。そもそもイン突きがハマって偶然NZTを勝ったような馬で、能力面での評価は殆どできない。ここはさすがに無茶だと思うよ。

追い切りは馬なりでこの時計なら十分順調と言えると思う。前を走っていた他厩舎の馬について行こうとする余力もあったし、よく見えた位だね。

ダノンメジャー

栗東 CW やや重  水曜日  併せ 一杯

6F83.7 5F66.7 4F51.3 3F37.2 1F11.6
スワンS5着。逃げの手を覚えてからは成績が向上してきている。かなり掛かる馬なんで、行きたいように行かすしかない所は確かにある。ただ、終いもっと粘れないとG1は厳しいとは思う。右回りだと内にモタれる気配をみせて鞍上が十分に追えないところもあるし。

追い切りは毎回動くんだ。これだけの時計で追うと猛然としすぎてしまうね。身体能力そのものはかなりの高水準なんだけど、道中で出力をセーブして、直線でビュンッと走るようなレースセンスはこの馬には無い。

折り合いよく運べれば、上位もあるだろうけど、それは中々難しい話だと思うよ。

ディサイファ

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 終い一杯

4F56.1 3F41.3  2F26.5 1F12.7

天皇賞秋7着と善戦。超不良馬場の内側を走り続けたのが結果的にロスを省いて、良い方に転がった印象だね。多分、他馬とおなじコース取りをしていたら話にならなかったハズ。かなり展開に恵まれていたと思うよ。

秋天の追い切りでムキになる所が出ていて驚いたのを覚えているんだけど、今回も僚馬を前において我慢して走らせている辺り、やはり折り合い不安が出てきているのかな。

いずれにせよ全体時計が56.1秒と緩いのに、終い一杯に追って12.7秒では遅すぎる。まず外して考えた方が良いと思う。




ネオリアリズム

※水曜日時点で追い切り映像はなし。

天皇賞秋13着。他馬を気にしてヘッドアップしながら進む所があるので、若干、アテにしづらい所がある。外枠の方が良いかな。


同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)